防災の専門家らが呼びかけ「3・11を防災に関する記念日に」 震災『語り部』の重要性説く

防災学習アドバイザー・コラボレーターの諏訪清二さん
(写真1枚)

9月1日は『防災の日』、1月17日は『防災とボランティアの日』、そして11月5日は『津波防災の日』。これらは、関東大震災や阪神・淡路大震災など自然災害が起こった日を由来として制定されている。「では、東日本大震災が発生した3月11日は、何の日?」。そう問いかけるのは、防災学習アドバイザー・コラボレーターの諏訪清二さんだ。

関連記事