別れても妻と同居、殺害「やってません」男が否認 神戸地裁

(写真2枚)

神戸市営住宅で、元妻を殺害し遺体を押し入れに隠したとして、殺人・死体遺棄の罪に問われた男の裁判員裁判・初公判が神戸地裁で開かれ、男は死体遺棄罪は起訴内容を認めたが、殺人罪については否認した。

関連記事