平田オリザさんが大事にするのは「場づくり」 演劇的手法を用いたコミュニケーション授業の魅力

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

 青山学院大学と大阪大学の共同事業として2009年から開講された「ワークショップデザイナー育成プログラム」、通称WSD(現在は青山学院大学のみ実施)。開発者の一人である劇作家・演出家の平田オリザさんが、その受講生でもあるタレント・ラジオパーソナリティーの塩田えみさんとともに、自身のラジオ番組で演劇的手法を用いたコミュニケーション授業について語った。

写真左から田名部真理さん、塩田えみさん、平田オリザさん(※撮影時にマスクを外していただきました)
写真左から田名部真理さん、塩田えみさん、平田オリザさん(※撮影時にマスクを外していただきました)

 関西を中心に数多くのラジオ番組を担当する塩田さん。母校の武庫川女子大学でコミュニケーションの授業を持つことになったとき、仕事で交流のあった俳優の内藤裕敬さん(劇作家・演出家、劇団「南河内万歳一座」座長)に相談。そこで「オリジナルの授業を作らなあかんよ。平田オリザさんが(当時)大阪大学で社会人講座をしているから行ってみたら」と助言を受けたことをきっかけに、WSDに参加した。

 WSDでは、コミュニケーションを基盤とした参加体験型活動プログラム(ワークショップ)の企画運営を専門として行う「場づくりの専門家」を養成している。

 もともと平田さんが主宰する「青年団」の公演を好んで観ていた塩田さんは、わくわくしながら授業を受講。当時の講義ノートをめくりながら、その様子を回顧する。

「『例えば電車のボックス席に知り合い同士のAさん、Bさんがいて、そこにCさんが入ってくる。他人であるCさんに【ご旅行ですか?】と話しかける』というワークショップなんですが、この一言が難しいの!」

塩田えみさん
塩田えみさん

 平田さんはWSDで行う講義について、意図を解説する。「コミュニケーションの授業というと話し方教室になりがちだが、『場づくり』が実は大事。演出家は常にそういうことを考えているので、それを理論化し、伝えるのが僕のワークショップ手法」。

 WSDで学んだことはあらゆる場面で生きている、と塩田さんは語る。

「私は場づくりにおいて『陽』の方に引っ張っていきがちになるが、そうでない人もいることに留意する必要に気づかされた。また、『人はそれぞれの役割を演じている』という平田さんの言葉にも救われた。本当の自分を模索しなくちゃという思い込みから解放されて、生活の中で『演じること』に罪悪感を持たなくなった。そして今でも同期のみんなとは仲良し。同じ『心得』を持っているので、職種は違えど心地よい」。演劇的手法を用いたコミュニケーション授業の魅力と同志の貴重さを今でも思い返すという。

 このWSD講座は現在、青山学院大学でしか行われていないが、全国から多数の応募があるという。平田さんは「今春開校する芸術文化観光専門職大学でも早ければ来年くらいには再開したい」と意欲をみせた。


※『ラジコ』では放送後1週間はタイムフリーでの聴取が可能。番組では、平田オリザさんが、ともにパーソナリティーを務める田名部真理さんと、これまでの自身の話しや演劇界への思い、移住拠点となっている兵庫・豊岡、但馬地域について、トークを進めていく。

『平田オリザの舞台は但馬』
放送日時:毎週木曜日 13:00~13:25
放送局:ラジオ関西(AM 558khz / FM 91.1mhz)
パーソナリティー:平田オリザ、田名部真理
メール:oriza@jocr.jp

平田オリザの舞台は但馬 | ラジオ関西 | 2021/03/04/木 13:00-13:25

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事