生きていくのは、自分 道元禅師が教わった言葉とは ラピス和尚の辻説法

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

この記事の動画を見る

 毎週日曜午前8時からのラジオ番組『ラピスモーニング』(ラジオ関西)で、神戸大倉山・楠寺瑠璃光苑の住職、「ラピス和尚」さんの楽しい仏教うんちくを届けています。日頃なにげなく使っている言葉が、思いもよらない“ふか~い”意味を持っているもの。そんな感動をラジトピで連載していきます。3月28日放送回の辻説法は、とあるお寺の掲示板にあった「世界中どこをさがしても あなたの代わりはおりません」という言葉に着目します。

「世界中どこをさがしても あなたの代わりはおりません」

 本当にそうなのでしょうか……。初めて会った人に、「あなたは誰かによく似てる」と言われます。誰だったかなぁ……、「あ! 小学校の時の同じクラスの人だった」とか、「いとこに似てる」はよくある話。珍しいケースでは「飼っていた犬」というパターンもありました。

 急な転勤が決まり、明日から自分のいない職場は大丈夫だろうかと心配で見に行くと、みんなイキイキ働いていたりすることもありました。あまりにそんなことが続くと、「この世界に自分などいなくてもどうでもいいのではないか」、「もしかしたら、いない方が周りの人に迷惑をかけないのではないか」など思えることさえあります。

 たくさん後ろ向きなことを書きましたが、では、「世界中どこをさがしても あなたの代わりはおりません」という言葉について、改めてみていきましょう。

 日本における曹洞宗の開祖、道元禅師の言葉「他は是れ吾にあらず」にあたり、道元禅師が中国の天堂山で修行中、1人の老僧の典座から教わった言葉とのことです。

 他の人に何をしてもらっても自分でしたことにはなりません。自分が眠いとき、他人がいくら眠っても眠気はとれず、他の人がどれほどごちそうを口にしても自分は空腹のまま。自分が生きる上で与えられた課題や問題を解決するのは、自分しかいないということなのです。

 周りにどう思われようと関係ありません。与えられた命を存分に役立てる責任は、この世に生を受けた自分しか果たせないもの。わかりやすい言葉にみえますが、本当は「おまえはその生き方でいいのか」と問われている言葉でもあります。

 今回は「世界中どこをさがしても あなたの代わりはおりません」をご紹介しました。

ラピス和尚

※街で見かける伝導掲示板やあなたの知りたい仏事へのご質問もお待ちしています。
ラジオ関西『ラピスモーニング』(lps@jocr.jp)まで。

【ラジオ関西『ラピスモーニング』公式サイト】

ラピスモーニング | ラジオ関西 | 2021/03/28/日 08:00-08:20

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事