1級陸上無線技術士からサウンドエンジニアまで…ラジオ局の「ラジオマスター室」「技術センター」とは

(写真8枚)

今回は、関西全域を放送エリア (エリア内人口約2600万人)とし、インターネット・スマホアプリなどで全国から聴けるラジオ「radiko」(ラジコ)などを通じて、いつでも聴くことができるラジオ局の「技術センター」にスポットをあててみました。

関連記事