窓装飾プランナーに聞く、カーテンの選び方「フローリングと壁の色から…」

LINEで送る

この記事の写真を見る(8枚)

 部屋を見渡したときに目に入りやすいカーテン。面積が広いため、どのような色やデザインにするかで部屋の印象もガラッと変わる。そんなカーテンの選び方について、「カーテンコールコレクション」(神戸・六甲アイランド)で店長を務める阿辺麻友香さんに詳しく話を聞く。

提供:カーテンコールコレクション

「ベランダの窓のような大きな窓枠の場合は、床から1センチくらい上のギリギリまであるほうが防寒のことなどを考えるといいですね。掃除をしやすくするために、床にはつかない方がいいでしょう。小さな窓の場合は、窓枠から15センチ下くらいまでがスタンダードです。オーダーカーテンですと、1センチ単位で調整可能なので家の窓枠にぴったりなものが作れますよ」(阿辺さん)

 阿辺さんは「窓装飾プランナー」の資格保有者。インテリアコーディネーターがインテリア全般に関わる資格なのに対して、窓装飾プランナーは窓まわりに特化した資格。カーテンやブラインドなどの多彩なアイテムの中から、お客さんのニーズやライフスタイルに合った窓装飾を提案・販売する専門家である。

 カーテンの色の選び方についても詳しく聞く。

提供:カーテンコールコレクション

「カーテンとカーペットの色を同じにしすぎない方がいいですね。一般的にカーテンは、フローリングの色と、壁の色の中間の濃さのものを選ぶとバランスがよくなります。もしご自宅が茶色のフローリングで白の壁の場合、カーテンは茶色よりも薄くて白よりも濃い色、例えばベージュやピンクのような色が合わせやすいです」

 カーテンには実に多くの種類があり、生地だけとってみてもカーテンコールコレクションには常時300種類以上が揃っている。さらに生地だけでなく、様々なスタイルで変化を出すこともできる。

提供:カーテンコールコレクション

 例えば上下で異なる生地を使う「切り替えスタイル」にすれば、アクセントが加わる。このスタイルで柄の生地と無地の生地を組み合わせることで、足元が締まったイメージに。

 そのほかのスタイルで人気のものは、ヨーロッパの歴史ものの映画にも出てくるという「トリム付スタイル」。カーテンをドレスアップするためのアクセサリーであるトリムが裾や縁などに縫いつけられていて、この飾りがついているだけで一気に華やかな印象に。阿辺さんが来店されたお客さんに紹介すると、多くの方がこのトリム付スタイルを選ぶそうだ。

切り替えスタイル(左)、トリム付スタイル(右) 提供:カーテンコールコレクション

 最後に、コロナ禍でおうち時間が増えている今、オススメのカーテンの使い方についても聞いてみた。

「日中は厚手のカーテンを開けていることが多いと思うので、レースカーテンを工夫してみるのはいかがでしょうか。レースカーテンというとシンプルなものを想像される方が多いですが、デザインのついたかわいいものも多くあるんです。さらにカーテンをつける順番を入れ替えて、レースカーテンを窓側ではなく部屋の内側につるす『フロントレーススタイル』という技があります。日中はレースカーテン単体のデザインを楽しんで、夜はその奥にある厚手のカーテンを閉めることでレースカーテンに色が重なり、カーテンの違う表情を楽しむことができますよ」

レースカーテンを使ったコーディネート 提供:カーテンコールコレクション

 阿辺さんは、カーテンは気分転換をしたい人にはもってこいのものだと語る。「リフォームや模様替えとなると簡単にはできませんが、カーテンの付け替えであれば手軽にできます。部屋を見渡した時に目に入りやすいカーテンを付け替えると、部屋のイメージも大きく変わります」。

 おうち時間が多い今こそ、カーテンを見直すのに最適な時期と言えるだろう。部屋に合うものを選ぶことができるか不安なら、窓装飾プランナーがいるお店で聞いてみればきっと満足のいくカーテンと出会えるはずだ。

春名優輝アナウンサーと「カーテンコールコレクション」店長の阿辺麻友香さん

【カーテンコールコレクション】
オーダーカーテンやブラインドのほか、ラグ、カーペットなども販売。国内の有名メーカー品はもちろん、海外のデザイン性の高い商品も幅広く取りそろえる。六甲ライナー・アイランドセンター前駅直通。営業時間は午前10時~午後6時。水曜定休

※ラジオ関⻄『PUSH!』2021年4月19⽇放送回「マイホーム・マイライフ」より


【カーテンコールコレクションHP】



LINEで送る

関連記事