大人にうれしい「真夜中のお子様ランチ」誕生!

LINEで送る

この記事の写真を見る(5枚)

 夜遅くにカロリーが高いものは控えたい、でも、1日頑張ったご褒美においしいものが食べたい……。そんな頑張る大人に向けて、うれしいご褒美プレート「真夜中のお子様ランチ」が誕生した。

(写真提供:株式会社Sydecas)
(写真提供:株式会社Sydecas)

 開発したのは、株式会社Sydecasのフードブランド「NinjaFoods」だ。人口の6人に1人が糖尿病の予備軍だといわれる現代。代表の寄玉さんは、「仕事終わりで夕飯が遅くなる人、生活リズムが変則的な人、血糖値を気にしているすべての人が、糖尿病予備軍になりにくいような商品を作りたかった」と思いを語る。

 気になるメニューの内容は、満足感と栄養バランス抜群の3品。

(写真提供:株式会社Sydecas)
(写真提供:株式会社Sydecas)

◆「真夜中のハンバーグ」
ホテルや百貨店、レストラン向けに加工肉を卸している老舗肉工場と協力。肉のうまみを最大限に生かした味付け、肉汁を閉じ込める絶妙な焼き加減、プロのこだわりが詰まった逸品だ。ソースを付けなくても十分においしいハンバーグだが、なんと糖質を55パーセントもカット。ジューシーな肉感を味わえるだけでなく、身体にもやさしい、まさにギルトフリーな食事を楽しめるだろう。冷凍でパックされているため、6分ボイルするだけという手軽さも魅力。

(写真提供:株式会社Sydecas)
(写真提供:株式会社Sydecas)

◆「旬の野菜のせいろ蒸し3種」
つけあわせには、兵庫県と鳥取県で収穫された旬の野菜3種類を使用。丁寧にせいろで蒸した後、急速冷凍で野菜のうまみを逃さず閉じ込めている。洗う・切るといった下ごしらえは不要、ハンバーグと同様にパックごとボイルするだけなので簡単。1食あたり3種で150グラムの野菜を取ることができる。

(写真提供:株式会社Sydecas)
(写真提供:株式会社Sydecas)

◆管理栄養士監修・レンジでチンするだけの食べ応えスープ
管理栄養士・嬉野氏が監修したスープは全3種。野菜のやさしい甘みが溶け込んだポトフ・コクのあるトマトに鷹の爪がアクセントのHOTトマト・ハンバーグと相性バッチリ中華スープ、いずれかを選択できる。コンニャク成分が含まれているため、もちもちで食べごたえのある食感が魅力だ。

 大人のための、ちょっとぜいたくなご褒美「真夜中のお子様ランチ」は、クラウドファンディングサイトMakuakeで申し込み受付中。期限は4月29日(木)まで。


【NinjaFoods 公式HP】
【「真夜中のお子様ランチ」申し込みサイト(クラウドファンディングサイトMakuake)】

関連記事