古民家でヤバいもの見つけてしまった!クマガイタツロウ【神戸に住むで 神戸へおいで/長田区編】

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

この記事の動画を見る

 2021年1月1日より、ヴィッセル神戸応援大使で、今年結成20周年を迎えている、神戸市公認のワクワクロックンロールバンド「ワタナベフラワー」のボーカル、クマガイタツロウが、1年をかけて神戸市全区に移住。神戸の街の魅力を自ら体感し、発信していく「神戸に住むで 神戸へおいで」企画を行っている。

 これまでに4つの区で生活を行ったクマガイだが、4月の須磨区では、一癖も二癖もある部屋を選んでしまったという。それはいったいどんなところだったのか。クマガイ自身がリポートする。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

“わくわくロックンロールバンド”、ワタナベフラワーのクマガイタツロウです! 『週明けクマチャンネル』(ラジオ関西)のパーソナリティーもしています。

 僕は2021年1月1日から、毎月、神戸の区を移り住み、1年をかけて神戸市全区の魅力を発見・発信していく「神戸に住むで 神戸へおいで」という企画をしています。

 1月は垂水区、2月は兵庫区、3月は須磨区、そして、4月からは長田区の駒ヶ林にある古民家で生活しました!

 その古民家は、リフォームを手がける高橋建築事務所の高橋さんが、空き家を買い取ってアーティスト向けのゲストハウスにリノベーション予定の物件! 工事が本格的に始まる前、僕に1か月間、無償で提供してくれています。

クマガイタツロウ長田区での住処

 で、その4月のマイホームが広い! 2階建て、約240平米もあって、ひとりで住むのはとにかく怖い! 玄関には何度も頭を打ってしまう神棚が。また、入って目に付く大きな台所では、以前にお年寄りの方々の集会が開かれていたとかなかったとか。その隣には10畳の和室×2が打ち抜きで一部屋。さらに洋室が一部屋、小部屋にトイレ、お風呂があります。2階の陽当たりの良い大部屋を抜けた奥には……入り口もドアもない隠し部屋のような暗い空間! 壁一面にはブルーシート! 「怖ぇー!」 スマートフォンのライトで照らしてみたけど「絶対アカン……」と思いました。

 部屋数が多いので寝場所を選ぶのに困りましたねー。はじめ、高橋さんに案内してもらったときには、1階の洋室にベッドがあると教えてもらっていたのですが、それはマットレスのない木が剥き出しの“フレーム”でした(笑)。

 そして、高橋さんがひとこと、「実は半年間だけ、ここに女の子が住んでいて……」、怖ぇー! 240平米の古民家に女性がひとりで住むって、どんな状況なん! ネズミが出ると言われたところには住めません、おばけが出ると言われたところには住めません……。住んでいて出てしまうのは仕方がないけど。先に伝えられると、住めるところにも住みにくくなりますね。無理矢理、高橋さんの話を終わらせました!

女の子が使っていたというマットレスのないベッド

 結局、和室に寝袋を敷くことにしたんですが、ふと壁に目をやると、ハンガー用の引っかけがいくつかついた水平に伸びる板がありました。そこに……“お守り”がぶら下がっていたんですよ、怖ぇー! めっちゃ怖くないですか! 「御守」とだけ書かれてるんです。何を除けて、何を招くかもわからん。そっと目を逸らして、その部屋には入らないように決めました。

なぜこんなところにお守りが

 毎日、マイホームへ帰る時は「ここはおばあちゃんの家や」と何度も自分に言い聞かせていました(笑)。部屋を明るくして、寝袋を頭までかぶって、イヤホンをつけたまま眠っています。須磨区での会議室生活では、生活感がない部屋に住むのは大変と感じたけど、いまは生活感がちょっとあるのも怖いですね。最後まで僕に神の御加護がありますように。

 クマガイタツロウでした!

※ラジオ関西『週明けクマチャンネル』2021年4月26日放送回より


【『週明けクマチャンネル』公式Twitter】
【クマガイタツロウ 公式Twitter】

LINEで送る

関連記事