教会で本当に踊りながら歌う!『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』 劇中曲リスト

LINEで送る

この記事の写真を見る(10枚)

この記事の動画を見る

 およそ50年前のライブ・アルバム「AMAZING GRACE」は、ドキュメンタリー映画として撮影されていた!

 300万枚の大ヒットを記録したゴスペル・アルバムを映像で伝える『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』が5月28日(金)、シネ・リーブル神戸、京都シネマなど全国でロードショー。

“ソウルの女王”と呼ばれるアレサ・フランクリン。おととし8月に亡くなりました。彼女が29歳のときにロサンゼルスの教会で行ったライブを収録したのが2枚組LP「AMAZING GRACE」で、史上最も売れたライブ・ゴスペル・アルバムです。聖歌隊をバックに、アレサが自らのルーツとしてゴスペルを歌い上げる様子が多くの人々を感動させました。

サブ

 この伝説と呼ばれるライブのメイキング映像を撮ったのが、『愛と哀しみの果て』で知られるシドニー・ポラック監督です。アルバム発売の翌年にこの映画は公開される予定でしたが、ポラック監督は大きな失敗をしました。カメラ5台で撮影したのですが「カチンコ」を使いませんでした。

 カチンコはカットの始めと終わりを記録するための道具で、音楽を題材とするドキュメンタリーを複数のカメラで撮るときに、あとで音声と映像を合わせるために必要です。カチンコが重なる音と映像を目印にして編集するからです。

003

 このトラブルで、未完成のまま50年近く映画が完成しませんでした。最新のデジタル技術で、音と映像をシンクロさせてついに出来上がったのがもうすぐ公開される『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』。音楽史を塗り替えたといわれる幻のライブが、スクリーンで蘇ります(アメリカでは2019年に公開)。

 1972年1月13日・14日、ロサンゼルスのニュー・テンプル・ミッショナリー・バプティスト教会。ライブは2日間にわたって行われました。この会場の様子をそのまま伝えるドキュメンタリー映画で、ただそれだけなのですが、観れば鳥肌が立ちます!

『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』劇中ソング

【第一夜】
「On Our Way」
「Wholy Holy」
「What a Friend We Have In Jesus」
「How I Got Over」
「Precious Memories」
「You’ve Got a Friend」
「Precious Lord Take My Hand」
「Amazing Grace」
「My Sweet Lord」(インスト)

【第二夜】
「Mary Don’t You Weep」
「Climbing Higher Mountains」
「Old Landmark」
「Never Grow Old」
「Old Landmark」(エンドクレジット)

 映画『天使にラブソングを…』や『ブルース・ブラザーズ』には、教会の中でノリノリで歌いながら踊る場面が出てきますが、現実に教会でこうして熱狂的なパフォーマンスが行われているものだったとは驚きです。

サブ 3

 このライブは時間を追うごとに、しり上がりに盛り上がります。アレサがコーラス隊と掛け合いで交互に歌う場面、一緒に歌っていて興奮と感動で涙ぐむ観客、アレサとコーラス隊と観衆が歌声を通じてひとつになり、スクリーンを観ている自分もこの中にいるような感覚でゾクゾクします。

 この会場には若い頃の可愛らしい表情のミック・ジャガーが見に来ていて、何度か映ります。

017

 グラミー賞を18回受賞したポップ音楽界の大スター、アレサ・フランクリン。ゴスペルや教会に興味のない人でも「スゴイ!」と思うでしょう。あなたも映画館の大きなスクリーンでこの作品を観れば胸が熱くなります!(SJ)

◇映画『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』(原題:Amazing Grace)
※上映日程は、作品の公式サイト・劇場情報でご確認ください。

撮影: シドニー・ポラック
映画化プロデューサー: アラン・エリオット
出演: アレサ・フランクリン
配給: ギャガ

2018 (C) Amazing Grace Movie LLC


【『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』 公式サイト】

LINEで送る

関連記事