「綺麗好きなデブ」「生真面目なデブ」…体重100kg以上の「デブ」をレンタルできるサービスが斬新すぎた

LINEで送る

この記事の写真を見る(9枚)

「まず、僕たちは『デブ』という言葉をポジティブワードとして扱っています」

 そう切り出したのは、2021年4月から珍サービス「デブカリ」をスタートさせた、株式会社Mr.Bliss(ミスターブリス)代表取締役のマイコー横尾社長だ。

◆「デブカリ」とは

 体重100kg以上のふくよかな人、いわゆる『デブ』を、1時間2,000円でレンタルできるというサービス。公式サイトには「マジシャンなデブ」「綺麗好きなデブ」「生真面目なデブ」「多趣味な職人デブ」など、ユニークでバラエティ豊かな人材が登録されている。その中から気になる人物をクリックすると、体重や身長、登録エリアの他、相談や引っ越し・食事といった「対応可能ジャンル」なども確認することができる。

デブカリ公式サイトから、レンタルしたい「デブ」を探す

 マイコー社長によると、レンタル用途は多岐にわたるのだそう。例えば、個人利用の場合は「デブと一緒に大食いしたい」「悩みを相談したい」「太っている人へのプレゼント選びを手伝ってほしい」など。法人利用の場合は「ダイエット企画に100kg超えのデブが欲しい」「映画やドラマの撮影にデブを使いたい」など。なかには、AIを用いたアプリを開発している企業が「体重80kg以上のデータがないため、AI学習のために身体測定を受けてほしい」と、関東エリアに登録しているデブ全員に声をかけたという例もあるそうだ。

◆「デブカリ」の利用方法

 個人でデブを借りたい時は、公式サイトの「デブ一覧」からレンタルしたい人物を決定。その後、サイトページ右下にあるアイコンチャット(LINE)から、登録されている人物のSKU(通称:デブ番号)と、利用の用途を送信する。その後、レンタルしたいデブと運営スタッフのいるオープンチャットで、匿名でやりとりをして会う日程と場所を決めれば完了だ。レンタル料金は、当日に現金で先払いとなる。

 法人が利用する場合は、公式サイト内の問い合わせフォームから、レンタルしたい人物と用途を連絡。その後、レンタル料の相談をして振込が確認されてから、デブとスタッフを交えてオープンチャットで日程と場所を決定する。

 また、デブカリに登録したいという場合は、公式サイトの「デブ登録」ページよりエントリーが可能。審査後、登録料を支払ってデブカリメンバーとして活躍ができる。

◆「デブカリ」を始めたきっかけ

「普通体型の、いわゆる『ガリ』目線からすれば、『デブ』ってあまり良いイメージを持たれていないのかなと思っていて。その理由のひとつに、デブ向けの素敵なファッションが少ないんじゃないか、だらしなく見えるのかも……と感じていました。そこで、6年前に大きいサイズのメンズファッションブランド『QZILLA by Mr.Bliss』(クジラ バイ ミスターブリス)を設立したんです」

 そう振り返るマイコー社長。しかし、大きいサイズ服を専門で扱うのに、理想体型のモデルが見つからず苦労した経験が「デブカリ」発足のきっかけだったと言う。「自分たちのように、デブを探しているのに見つからず、困っている企業もいるのでは?」という気付きから、このようなサービスを開始したそうだ。

 さらに、「ゆくゆくは『デブカリ』内でユニットやアイドル、俳優が誕生しても楽しそうだ」と今後の展開について語った。

 最後にマイコー社長は「デブカリに登録しているのは、気遣いができて優しく、頼りになって楽しい『デブ』ばかり。ちょっと食費はかさみますが、一度一緒に食事をしてみてください。困りごとを解決できる『デブ』もいるので、安心して利用してみてほしいです」と呼びかけていた。

Mr.Bliss(ミスターブリス)代表取締役のマイコー横尾社長

◆「デブカリ」
【公式サイト】
【公式Instagram】

LINEで送る

関連記事