【女子バレー】ヴィクトリーナ姫路育成チーム「マックスバリュ・ヴィクトリーナ」、1年半ぶりの公式戦で奮闘

LINEで送る

この記事の写真を見る(1枚)

この記事の動画を見る

 女子バレーボール、ヴィクトリーナ姫路の育成チーム「マックスバリュ・ヴィクトリーナ」が、この6月に1年半ぶりとなる公式戦に挑んだ。

 6月20日(日)、加古川市立総合体育館で行われた第76回国民体育大会バレーボール競技兵庫県予選に出場した「マックスバリュ・ヴィクトリーナ」。トップチームから助っ人として大元朱菜選手や、新入団選手も加わったなか、大会では、1回戦で関西福祉大学E、2回戦で神戸親和女子大学Bを破り、決勝へ進出。しかし、関西福祉大学Aに惜しくも敗れ、準優勝に終わった。

 大会を終えて、寺口朋孝監督は「まずは試合ができたことに感謝いたします。今大会でいろんな課題が見つかったので、次の試合に向けてもっと練習を積んでいきます」とコメント。また、キャプテンの藤本怜良選手は、「この試合を機に次に向けてより一層頑張りたい」と述べ、それぞれ公式ホームページを通じて、さらなる飛躍を誓っていた。

© 2020 ヴィクトリーナ姫路
約1年半ぶりの公式戦に挑んだ、ヴィクトリーナ姫路の育成チーム「マックスバリュ・ヴィクトリーナ」(写真提供:ヴィクトリーナ姫路)

 現地で観戦したヴィクトリーナ姫路応援番組『いいな117ヴィクトリーナ』(ラジオ関西)番組パーソナリティーの菅原未来(元ヴィクトリーナ選手、現クラブスタッフ)は、「1年半ぶりの公式戦だったので、1試合目はすごく緊張しているのが伝わってきた。最初はどうなるんだろうと思ったけど、練習の成果出ているなという場面も多くあってプレーできる喜びを感じている姿を見られて良かった」と、選手たちの奮闘を称えていた。

 一方、トップチームのヴィクトリーナ姫路は、7月2日(金)から4日(日)にかけて、愛知県豊田市で開催される「2021 Ⅴ・サマーリーグ女子西部大会」に出場。3月に行われた「2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN V Cup」以来、4か月ぶりの実戦に臨むが「黒鷲旗(第69回黒鷲旗 全日本男女選抜バレーボール大会)もなくて、選手たちも久々(の公式戦)だと思うので頑張ってほしい」(菅原)と、番組パーソナリティー陣も期待を寄せていた。


【ヴィクトリーナ姫路 公式HP】
【ヴィクトリーナ姫路ファンクラブ「VICTORINA FAMILY」】

ラジオ関西『いいな117ヴィクトリーナ』では選手に向けた応援メッセージを大募集! 皆さんからの熱いメッセージを『ヴィックエール』と名付け、番組内で紹介している。ヴィクトリーナ姫路を一緒に盛り上げるため、はがき、または、メールで番組までぜひ送ってほしい。

【はがき】〒650-8580 ラジオ関西『いいな117ヴィクトリーナ』係
【メール】117vic@jocr.jp
【Twitter】『#ヴィックエール』(ハッシュタグ ヴィックエール)をつけて投稿

菅原未来と佐藤りな
『いいな117ヴィクトリーナ』パーソナリティーの菅原未来と佐藤りな(写真:ラジオ関西)

LINEで送る

関連記事