職場でのパワハラ苦に男性社員自殺 ゴンチャロフ製菓、遺族と和解「命と時間、二度と戻らない」

母親は和解条件に「パワハラの事実を認め、謝罪を」と求め続けていた<2021年7月2日・神戸市内>
(写真4枚)

2016年6月に元社員の男性(当時20)が自殺した洋菓子メーカー「ゴンチャロフ製菓」(本社・神戸市灘区)が、遺族に対する謝罪や、賠償金を支払うなどの条件で和解した。

関連記事