兵庫の“ど真ん中”峰山高原に巨大ジャングルジム出現! 360度の絶景を堪能

LINEで送る

この記事の写真を見る(10枚)

この記事の動画を見る

この記事に関するInstagramを見る

 兵庫県の中央、神崎郡神河町にある峰山高原に、高さ10メートル、幅20メートルの巨大クライミングアトラクションが登場する。

「tic!tac!クライムMINEYAMA」

 標高1015メートルの峰山高原にある峰山高原リゾート「峰山高原ホテルリラクシア」で7月22日から営業開始となるのは、「tic!tac!クライムMINEYAMA」。同時に最大30人が入場可能となっているアトラクションでは、大人も子どもも満足できる60種類のコースを用意。難易度別コース(3種類)も備えられている。全長80メートルのジップラインも迫力満点。

「すごい景色が良くて。天気のいい日には淡路島まで見ることができます」と、峰山高原ホテルリラクシアの井上さんもいうように、タイミングが合えば、瀬戸内海など大自然の風景が一望できるのも特長。360度の景色のなかで楽しめる“巨大ジャングルジム”はまさに壮観だ。

 利用条件は身長100cm以上、体重130kg以下。受付時間は午前10時から午後5時(午後4時最終スタート)。チケット販売は午前9時からで、午後3時20分が最終受付となる。「tic!tac!」の入場券は大人2,000円、子ども1,500円(ハーネス・ヘルメット利用料込、リフト券やジップライン券は別途必要、入場券と往復リフト券のセット割引あり)。現地ではスニーカーのレンタルも行っている。小学3年生以下は保護者の付き添いが必要。その他、注意事項については「峰山高原リゾート」ホームページ「tic!tac!クライムMINEYAMA」に掲載されている。

「今の時期はキャンプやグランピング、あとは森の散策、サイクリングなどのアクティビティがおすすめ。そして、冬はスキーやスノーボード、あとは、小さなお子様が楽しめるキッズパークを併設し、1年中楽しめる施設」という峰山高原リゾート。「晴れた日の夜には、露天風呂からも星が見えるなど、手が届きそうなくらいのきれいな星空を楽しんでいただけます」(井上さん)。

 その峰山高原にあるホテルリラクシアは、30の和洋室を備え、バリアフリールームも完備。誰でも安らげるリゾートホテルだ。さらに「楽×楽キャンプ」「遊×泊キャンプ」といったキャンププランもあり、高原リゾートでの手軽なアウトドア体験も可能。「『遊×泊プラン』は『楽×楽プラン』にプラスホテルでの宿泊がついていますので、小さなお子さまがいらっしゃるご家族にはすごく人気のプランになっています」(井上さん)。


※ラジオ関西『週明けクマチャンネル』内、「JT姫路支店 presents 姫路の企業紹介」2021年6月28日放送回より

【峰山高原ホテルリラクシア HP】

※ JT(日本たばこ産業株式会社)姫路支店とラジオ関西が連携して地域情報を発信する「JT姫路支店 presents 姫路の企業紹介」。番組をサポートするJT姫路支店は、「今回の(番組での)取り組みを通じて、JTがたばこの販売以外にも多くの事業を手掛けていることを知ってほしい。多くの企業・団体様とつながり、積極的に関わることで地域に貢献したい」と、ラジオ放送への思いを述べている。



写真左からレポーターの中野加奈子さん、ホテルリラクシアの井上さん、JT姫路支店の中村さん


【放送音声】
「JT姫路支店 presents 姫路の企業紹介」2021年6月28日放送回

LINEで送る

関連記事