「何よりも暑さと虫対策を」夏キャンプ必須ギア3選 アウトドアショップ店長がセレクト

LINEで送る

この記事の写真を見る(6枚)

 春や秋のキャンプもいいものだが、夏のキャンプは別物と感じるキャンパーも多いだろう。また、アウトドアライフが盛り上がるなか、今年初めて“夏キャン”に臨むという人もいるのではないだろうか。そのなかで、快適に夏のキャンピングライフを楽しむために必要なものは何か? アウトドアショップ店長におすすめキャンプギアを聞いてみた。

 兵庫県明石市にある「フィールドセブン明石店」店長で、アドバイザーの三方健次さんは、何より注意するべきは『暑さ』、そして、『虫』だと話す。

「フィールドセブン明石店」店長で、アドバイザーの三方健次さん

 そこで、夏に欠かせないグッズその1は、「パワー森林香」。キャンパーたちからは通称“赤函”と呼ばれる、虫よけに使用する赤い色の線香だ。より多くの煙が出るようになっているので、広い屋外で使用し、テントを中心に四方に置くと効果抜群。見た目は蚊取り線香と似ているが、その赤さがさらに強力さを感じさせる。

富士錦 パワー森林香(赤函)(児玉兄弟商会)

 その2は「BPE」。アウトドア用の虫よけスプレーで“Be Protected Everyday”の頭文字をとったもの。こちらもキャンパーたちに愛されている商品の1つだという。虫たちは人間から分泌される臭いに寄ってくることが多いので、その臭いを消すとともに、虫を嫌う成分も含むため、外でもさわやかに過ごせるとのこと。またフレグランススプレーなので、従来の虫よけスプレーのような気になる臭いもせず、女性にも使いやすい商品になっている。

BPE アウトドア 虫よけスプレー 100ml(BUGPROTECTOR)

 その3は“寝袋(シュラフ)”で、イギリス生まれのブランド「Snugpak」のジャングルバッグだ。寝袋から唯一出ている顔を、虫に刺されたことがあるという人もいるだろうが、この寝袋はなんと顔部分に虫よけのネットがついている。極端な話、テントに入らなくても、ハンモックなどで、この寝袋があると寝ることができる、夏のキャンプにとって心強いギア。また水に濡れても大丈夫で、洗濯機でも丸洗いができるという。

ジャングルバッグ スリーピングバッグ(Snugpak)

 夏のキャンプをより快適に過ごしたい、楽しみたいのであれば、これらのギアも注目したい。

「フィールドセブン明石店」店長で、アドバイザーの三方健次さん(左)と、ラジオ関西『週明けクマチャンネル』パーソナリティーのクマガイタツロウ

※ラジオ関西『週明けクマチャンネル』2021年7月12日放送より

LINEで送る

関連記事