「唇の形になる」「キスした気分に」とSNSで話題の「キスグミ」ってなんだ? 世界3大グミブランドから販売

LINEで送る

この記事の写真を見る(4枚)

 世界3大グミブランドのひとつ「Trolli(トローリ)」。ドイツのMEDERER(メダラー)社が製造し、そのユニークなグミの数々は世界中で親しまれています。そのなかでも、「ストロベリーキス」というグミがTikTokなど、SNSで大きな話題となっていました。実際に食べて、レポートします。

「トローリ ストロベリーキス」

 イチゴのような形をした、ピンクとホワイトのツートンカラーが特徴の「ストロベリーキス」。話題になった理由は、グミを縦にかんで、切込みをすこし入れ、グミを裏返すと唇のような形になるから。その様子を動画撮影し、TikTokに公開するのが流行していました。

 また、グミが唇のような柔らかさで、「まるでキスをしているような妙な感覚になる」と韓国で話題に。YouTubeでも、本当にキスをした気分になるのかを検証する動画が投稿されています。

 まず「ストロベリーキス」が本当に唇のようになるのか試してみましたが、少しだけ難易度が高いかも。「グミを縦にかんで、切込みを少し入れる」ということですが、どのぐらいかんでいいのか分からず、そこから裏返すのにも意外と力が必要でした。ただ、試行錯誤してなんとか完成させるときれいな唇の形に! なるほど。これは動画を撮りたくなりますね!

 肝心の味について。ピンクとホワイトのツートンカラーとなっていますが、ピンクの部分が甘酸っぱいストロベリー風味、ホワイトの部分はマシュマロとなっています。かじってみると、表面の砂糖のざらざら感とモチモチぷにぷにな食感が楽しめ、クセになります。ただ良くも悪くも「外国のグミ」という感じ。人工的な甘さに好き嫌いが分かれるかも!? 二人で食べたのですが、完全に好きと苦手で別れました(笑)。独特な甘さが好きだという方はぜひ!

 今回のレポートをきっかけに、このブランドのほかのグミについても気になり、調べてみると「タランチュラ」や「オクトパス」という名前のグミも出しているそう。日本のメーカーの感覚とは全く違ったユニークさにあふれた「トローリ」のグミシリーズ。動画や話のネタにもなるので、見つけたらぜひ試してみてください!

(文=Lovelys)


LINEで送る

関連記事