【答えて!ヴィクトリーナ番外編】「ビーバーちゃんに似ている!」「妖精がいる!」バレーV1姫路応援番組パーソナリティーの素顔とは

LINEで送る

この記事の写真を見る(1枚)

 女子バレーボールのトップカテゴリー、Vリーグ1部(V1)のヴィクトリーナ姫路応援番組『いいな117ヴィクトリーナ』(ラジオ関西)。8月16日の放送回では、選手やスタッフの素顔に迫る人気コーナー「答えて!ヴィクトリーナ」特別版として、パーソナリティーを務める菅原未来(元ヴィクトリーナ選手、現クラブスタッフ)と佐藤りな(スタジアムMC)にスポットライトをあてた「答えて!みくりな」を一問一答形式で紹介した。

『いいな117ヴィクトリーナ』パーソナリティーの菅原未来(左)と、佐藤りな

――仕事前に必ず行うことは?

【菅原未来(以下、菅原)】毎日朝シャワーを浴びます。音楽を聴きながら通勤します。仕事前なのでアップテンポな曲です。

【佐藤りな(以下、佐藤)】朝イチでのお仕事前には、唇をブルブルと振動させて口まわりの体操をします。スタジオ収録のときは、スタジオに入る前に「よろしくお願いします!」と一礼して入るようにしていて、私なりのルーティンというか、これで「仕事やるぞ!」という気合いを入れています。

――ヴィクトリーナ姫路で思い出に残っていることは?

【菅原】フロントスタッフに入って初めて営業に同行したお仕事と、ラジオで初めての収録をした日。思い出に残っているというか、忘れられないです。初めて営業の仕事をしたときは、何をしゃべっているのか全くわからなくて、ひとりで勝手にパニックになって、頭が真っ白になった思い出しかないんです。また、初めてのラジオ収録のときも、メディア活動みたいなものをしたことがなかったので、何をしゃべったらいいのかもわからずで……。どんな口調で、どんなタイミングやリズムで伝えるべきかも全くわからないまま話をしたので、自分でも台本読みをしているなというくらいのイメージしかないですね……。

【佐藤】2020-21シーズン最後のホームゲームで、選手たちからのサプライズバースデーをお祝いしていただいたこと。これは本当にびっくりしました。選手たちからサプライズバースデーソングと、選手一人ひとりのサインが入ったヴィクトリーナタオル、そして最高の感動をいただいて思わず涙してしまいました! ちなみに前日には運営チームの皆さんからサプライズバースデーをしていただいて、本当にヴィクトリーナに関わる皆さんって温かい方が多いんだなぁと改めて実感し、この仕事に携われていることに感謝しました。

――ちなみに、宝くじ100万円当たったらどう使いますか?

【菅原】30万円くらいは好きなことに使いますし、目についた欲しいものを買っていると思います。残りはたぶん貯金しているかな、たぶん……。ただし、いっぱい買いたいものがあったら、たぶん使っていると思います(笑)。

【佐藤】今、思い立ったのが、引っ越し費用。ちょうど何となく引っ越ししたいな~という感じなので、引っ越し費用にしたい! 以前の「答えて!ヴィクトリーナ」でセッターの清田萌選手も「家具を買いたい!」と答えていましたが、同じようにいろいろ家具を買ったり、そういったところで使いたいです。

――それぞれ相手に対して思ったことは?

【菅原】りなさんの第一印象は、緑のワンピースを着ていらっしゃって、挨拶をしたときにめちゃめちゃ小さくてかわいくて、透明感のある声で、「妖精がいる!」みたいな感じでした。現在は、お仕事に対してストイックで、また、女子力が本当に高いなと思います。

【佐藤】みくちゃんは、まずは「ビーバーちゃんに似ている!」というのが第一印象。かわいらしい小動物みたいな感じだなぁって。よく自分で人見知りと言っているけど、初めから話しやすかったなというイメージで、そのときは頑張って近づこうとしてくれていたのかなと今は思います。あとはとにかく物怖じをしない。自分のペースをしっかり持っている人だと思っていて、そこは本当に尊敬しています。ときには収録の際に一緒におバカなことをやってくれたりとか(笑)、順応性があると思います。まだまだ引き出しがありそうなので、今後もいろいろと引き出していきたいです!

――「こう見えて私〇〇なんです!」ということは?

【菅原】人見知りです。先輩には「(自分から)話さなきゃ」となったり、後輩に対しても自分が年上なので「(しっかり)話さなきゃ」となるんですが、人がすごく多いところや、同年代とかの集まりなどでは引っ込み思案になることが多いです。

【佐藤】最強、要領悪い人間です! 要領が悪いくせにスケジュールをいろいろと詰め込む癖があるので、毎日バタバタなスケジュールになります(苦笑)。なので翌日のシミュレーションを前日の夜にメモに残して寝るという習慣を身に着けました。自分の脳みそには頼れないなと思って……。すぐに「次どこ行くんだっけ?」「何やればよかったんだっけ?」となっちゃうので、「とにかくメモ」という感じで、最強のメモ魔だと思っています。メモするために、いまだに見開きの書き込むタイプの手帳を使っています。あとは地図も読めなくて、初めての場所に行くのに30分前に着くように設定はするものの、いつも到着するのはギリギリか遅れるかというダメダメなパターンですね……。

――付き合うならこんな人がいい?

【菅原】タイプは目が細くて、くしゃって笑う人。人としては、スポーツを本気で頑張っている人か、やっていた人です。

【佐藤】少年の心を持った大人。大人の対応ができたり、人としてのマナーがあったり、そういうところは大前提ですが、やっぱり少年のように思うがまま生きている人は一緒にいて楽しいなと思うので、そういう人にひかれちゃうかな。

※ラジオ関西『いいな117ヴィクトリーナ』より


【ヴィクトリーナ姫路 公式HP】
【ヴィクトリーナ姫路ファンクラブ「VICTORINA FAMILY」】

ラジオ関西『いいな117ヴィクトリーナ』では選手に向けた応援メッセージを大募集! 皆さんからの熱いメッセージを『ヴィックエール』と名付け、番組内で紹介している。ヴィクトリーナ姫路を一緒に盛り上げるため、はがき、または、メールで番組までぜひ送ってほしい。

【はがき】〒650-8580 ラジオ関西『いいな117ヴィクトリーナ』係
【メール】117vic@jocr.jp
【Twitter】『#ヴィックエール』(ハッシュタグ ヴィックエール)をつけて投稿

LINEで送る

関連記事