芸術とスイーツで秋を堪能! 長野・大町市で開催「北アルプス国際芸術祭」&「信濃大町スイーツプロジェクト」

LINEで送る

この記事の写真を見る(9枚)

 長野県と富山県をつなぐ、標高3,000メートル級の峰々が連なった世界有数の山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」。その長野県側の玄関口となっている大町市では、いま、芸術やスイーツをテーマにした、秋を堪能できるイベントが開催されている。

◆「北アルプス国際芸術祭 2020-2021」

“水・木・土・空~土地は気配であり、透明度であり、重さなのだ~”をコンセプトに、11の国と地域から38組のアーティストが参加し、39点のアート作品(うち、パフォーマンス5点)が出展されている、「北アルプス国際芸術祭 2020-2021」。大町市内全域を「市街地エリア」「ダムエリア」「源流エリア」「仁科三湖エリア」「東山エリア」の5つに分けて、各エリアに散りばめられた芸術作品を楽しむことができるほか、信濃大町の特徴的な「場」を活かした演劇やライブなどのパフォーマンスも展開される。

 アート作品の一例では、市街地エリアにあるのが、「ウォーターランド-小さな大町-」(作:原倫太郎+原游)。廃校となった旧大町北高校に展示されている、信濃大町の大自然、四季、動物、建物、人々の生活などをミニチュア化した、体験型の作品だ。

『ウォーターランド-小さな大町-』 原倫太郎+原游 作

 源流エリアの「アキノリウムinOMACHI」(作:松本秋則)は、影絵や竹を素材としたサウンドオブジェの作品で、信濃大町の自然をテーマに水が滴る池などの原風景を表現。昔、酒造りに使われた酒樽や道具、全国の酒を展示していた大町温泉郷にある「酒の博物館」が、作品の舞台としてリニューアルされている。

『アキノリウムin OMACHI』 松本秋則 作

 東山エリアにある「目」(作:クリエイティブチーム「目」)は、鷹狩山山頂から望む圧倒的な北アルプスと信濃大町の風景を見るために構想された作品。白い曲線につつまれた空間を進むうちに北アルプスと大町市街を見渡す景色に突如出会う。

『信濃大町実景舎』 目 作

 そのほかにも、国内外、様々なアーティストが参加している、北アルプス国際芸術祭。コロナ禍の影響で、今年は8月21日(土)~10月3日(日)がパフォーマンス会期、10月2日(土)~11月21日(土)がアート会期に分けられたなかで開催されている。料金など芸術祭の詳細は、公式ホームページを参照。

※同芸術祭では、新型コロナウイルス感染症に関する感染対策として、各インフォメーションで検温の実施および氏名、連絡先、健康状態などを記入。健康状態の確認済の目印として、リストバンドが渡され、以降の会場を訪れる際には見えるところへの着用が求められる。
※体温が37.5℃以上ある場合は入場不可。

◆「信濃大町スイーツプロジェクト」

 一方、大町市全体で開催されているスイーツイベント「信濃大町スイーツプロジェクト」は、自然の水がキレイな町のイメージをモチーフに、「水の青」と「LOVEのピンク」の2色をテーマにしたスイーツが市内各地の飲食店で楽しめるというもの。

 対象の商品を購入すると、各スイーツが描かれた缶バッジがプレゼントされる。また、スイーツプロジェクト限定のトートバッグも販売。缶バッジはトートバッグにつけて楽しめる仕様となっている。開催期間は、11月30日(火)まで。

 国宝「松本城」や趣ある街並み、温泉地、北アルプスなど、1年を通して楽しむことができる人気の観光地“信州”。関西と信州を結ぶ唯一の定期便・FDA(フジドリームエアラインズ)の神戸~松本便(神戸空港~信州まつもと空港)を使えば、関西から約1時間の空旅で訪れることができる。8月27日からは神戸〜松本便が1日1往復から2往復に増便され、関西圏からの渡航が便利に。状況が落ち着いた際には、アートとスイーツを堪能できる大町市に足を運んでみたいものだ。


【「北アルプス国際芸術祭 2020-2021」HP】
【「信濃大町スイーツプロジェクト」HP】

LINEで送る

関連記事