「チャミスル」×「午後の紅茶」のアレンジがTikTokで若者に話題 「とにかく飲みやすい!」

LINEで送る

この記事の写真を見る(7枚)

 韓国の酒造メーカー、眞露(JINRO)の商品で、韓国で人気の焼酎「チャミスル」。日本でもその「緑の小瓶」は若い世代を中心によく知られていて、コンビニやスーパーでも簡単に手に入れることができます。飲まれたことはあるでしょうか?

 韓国ドラマでもおなじみ、韓国焼酎は小さいグラスに注いでそのままストレートでグイっと一飲みするのが定番とされています。そもそも「チャミスル」はスッキリしているのでストレートでも飲みやすいのが特長ですが、アルコール度数が17パーセントと実は高め。「すもも」や「グレープフルーツ」などのフレーバータイプでも13パーセントあります。

「アルコールに強くはない。でも飲みたい!」

 そう思う若者が多いのか、今TikTokで「チャミスル」をアレンジした飲み方が話題になっているんです!

 その名も「チャミスルティー」!

「チャミスル」のフレーバータイプ「チャミスル マスカット」とキリンの看板商品のひとつ、「午後の紅茶 ストレートティー」を混ぜるというもの。

 作り方は簡単で、フリーザーバッグや大きめのボウルなどに、氷をたっぷり入れ、そこに「チャミスル マスカット」(360ml)と「午後の紅茶 ストレートティー」(500ml)を1本ずつ入れ混ぜて完成です。

LINEで送る

関連記事