V1リーグ開幕目前!2021-22シーズン、ヴィクトリーナ姫路の見どころは…

LINEで送る

この記事の写真を見る(4枚)

この記事に関するTwitterを見る

 女子バレーボールのトップカテゴリー、Vリーグ1部(V1)が、今季も間もなく開幕を迎える。ラジオ番組『いいな117ヴィクトリーナ』(ラジオ関西)では、V1・2021-22シーズンのヴィクトリーナ姫路の見どころを紹介した。

 パーソナリティーを務めるのは菅原未来(元ヴィクトリーナ選手、現クラブスタッフ)と佐藤りな(スタジアムMC)。

 ヴィクトリーナは、昨シーズンに引き続き、今季も中谷宏大監督、キャプテンに貞包里穂選手の体制で臨むが、副キャプテンは2人体制とし、櫻井美樹選手とともに荒谷栞選手が就任。荒谷選手は、昨シーズンから姫路の一員となり、公式戦27試合に出場するなど主軸の1人として活躍。機動力ある1998年生まれのミドルブロッカーには、チームリーダーの1人として期待が高まる。

 また、今季はオランダ代表のアウトサイドヒッター、セレステ・プラク選手が新加入。プラク選手はオランダが20年ぶりに出場をしたリオ・デ・ジャネイロ五輪で4位入賞に大きく貢献し、2015-16シーズンに所属したイタリアのベルガモ(セリエA1)ではカップ戦でMVPを獲得するなど高い実績を残してきた。近年も世界大会で活躍を続ける、今季のV1注目の“助っ人”だ。

セレステ・プラク選手(写真:ヴィクトリーナ姫路)

 4日、V1開幕前公式記者会見に臨んだプラク選手は、「姫路に来ることができて大変うれしい。チームに合流して数日しかたたないが、皆やさしくフレンドリーで、まるでオランダにいるようだ。ヴィクトリーナ姫路のディフェンスは素晴らしいので、私のパワーあるアタックで勝利に貢献したい。今季のゴールはファイナルステージ進出。今からゲームが待ち遠しい」と意気込みを述べている。

10月4日、ホテルモントレ姫路で行われたヴィクトリーナ姫路のV1開幕前公式記者会見より。左から橋本明代表取締役球団社長、中谷宏大監督、セレステ・プラク選手、貞包里穂選手、安保澄GM(写真:ヴィクトリーナ姫路)

 今季のヴィクトリーナのスローガンは「Break」。各選手が自分自身の殻を破り、チームに変化をもたらすという意味が込められている。この思いとともに、V1で1年目に12位、2年目に9位と徐々に順位を上げているチームは、目標とするベスト3入り、ファイナルステージ進出に向けて、熱い戦いを繰り広げる。10月15日(金)午後6時15分から行われる開幕戦では、ウカルちゃんアリーナ(滋賀県大津市)で、昨シーズン2位の東レアローズと対戦する。

 なお、ヴィクトリーナは、今季からチームバスも一新。初代と同じく神姫バス株式会社から譲り受けた二代目は、デザインを選手とファンの投票で決定。ヴィクトリーナカラーが鮮やかで、チームのイメージにぴったりのバスとなっている。

二代目となるチームバス(写真:ヴィクトリーナ姫路)

 さらに今年からはヴィクトリーナ姫路専属チアリーダーズ『C-ups(シーアップス)』が頼もしい応援団として加わる。『C-ups』の初お披露目は10月30日、31日にヴィクトリーナ・ウインク体育館(姫路市)で行われるホームゲーム、NECレッドロケッツ戦を予定。

10月4日、ホテルモントレ姫路で行われたヴィクトリーナ姫路のV1開幕前公式記者会見より(写真:ヴィクトリーナ姫路)

※ラジオ関西『いいな117ヴィクトリーナ』2021年10月4日放送回より

【ヴィクトリーナ姫路 公式HP】
【ヴィクトリーナ姫路ファンクラブ「VICTORINA FAMILY」】

【『いいな117ヴィクトリーナ』 公式Twitter】

ラジオ関西『いいな117ヴィクトリーナ』では選手に向けた応援メッセージを大募集! 皆さんからの熱いメッセージを『ヴィックエール』と名付け、番組内で紹介している。ヴィクトリーナ姫路を一緒に盛り上げるため、はがき、または、メールで番組までぜひ送ってほしい。

【はがき】〒650-8580 ラジオ関西『いいな117ヴィクトリーナ』係
【メール】117vic@jocr.jp
【Twitter】『#ヴィックエール』(ハッシュタグ ヴィックエール)をつけて投稿

菅原未来と佐藤りな
『いいな117ヴィクトリーナ』パーソナリティーの菅原未来と佐藤りな(写真:ラジオ関西)

LINEで送る

関連記事