神戸市長選に5人が立候補、14日間の選挙戦 新型コロナ対応や、市中心部の再整備の是非など争点 10月31日投開票

いずれも無所属で、現職と新人の計5人が立候補した神戸市長選は、10月31日に投開票される
(写真1枚)

任期満了に伴う神戸市長選挙が17日、告示され、14日間にわたる選挙戦がスタートした。17日午後5時には立候補の受付が締め切られ、いずれも無所属で、現職と新人の計5人が立候補を届け出た。

関連記事