神戸の街で謎解きイベント ご当地キャラと一緒に学んで楽しむ「オレンジ・パープルリボンキャンペーン」

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

 11月は、「児童虐待防止推進月間」であり、配偶者やパートナーから女性へのあらゆる暴力(DV)を根絶する運動の啓発月間。これに合わせて神戸市では、毎年、各運動の象徴である「オレンジリボン」と「パープルリボン」を一体的に掲げた「オレンジ・パープルリボンキャンペーン」を展開している。今年は謎解きイベントも実施中だ。

 キャンペーンでは、市内シンボル施設のカラーライトアップや「こうべ花時計の植栽」などさまざまな形でPRに取り組む。今年は例年の「オレンジリボンウォーク」に代えて、謎解きイベント「名探偵マルちゃんといっしょに謎解きHELPタウン 笑顔のハコを開けろ!」を実施中。市内各所をポイントとして、中央区、西区、灘・東灘区、北区の4エリアを会場に行われている。

謎解きイベント「名探偵マルちゃんといっしょに謎解きHELPタウン 笑顔のハコを開けろ!」(画像提供:神戸市)

 参加者は、公式サイトからダウンロードできる謎解き用の地図を用意。そして、各エリア6か所のポイントに設置された謎を、神戸のご当地キャラクター「コベピポ」の「マルちゃん」とともに解いていく。

 4つの謎を解き、答えがわかればゲームの報告フォームから送信。最後の謎を解くと、「神戸メリケンパークオリエンタルホテル」の宿泊券や、「フルーツフラワーパーク」バーベキュー招待、QBBチーズ詰め合わせセットをはじめ、市内各施設の利用券や地元グルメのプレゼントに応募できる。

 参加無料で、フォームへの申し込み期間は12月12日(日)まで。イベントでは、新型コロナウィルス感染防止対策が講じられ、参加者はマスク着用などの対策に協力のうえイベントを楽しむ。

 詳しくは神戸市の公式サイトで確認できる。問い合わせは、神戸市こども家庭局家庭支援課、電話078-322-5211まで。


【公式サイト】

LINEで送る

関連記事