「リアルすぎる」「何とも言えない感情に…」水族館のハダカデバネズミ型スイートポテトが話題 「味は本格的」

LINEで送る

この記事の写真を見る(10枚)

この記事に関するInstagramを見る

 10月29日に神戸に誕生した、劇場型アクアリウム「AQUARIUM×ART átoa(アクアリウム バイ アート アトア)」(以下、アトア)。水族館とアートが融合した幻想的な世界観が人気を呼んでいますが、ミュージアムショップで販売されている、あるスイーツも話題になっているんです。

Lovelysの宮崎梨緒(写真右)と八木沙季(写真左)

◆「ハダカデバネズミ スイートポテト」(税込1,700円)

「ハダカデバネズミ スイートポテト」(税込1,700円)

 ハダカデバネズミは、体毛のない体と出っ歯が特徴的なネズミの仲間であるげっ歯類。「女王ネズミ」や「働きネズミ」と役割分担され、地中で社会集団生活をしています。平均寿命はなんと約30年と一般的なネズミと比べて長く、ガンや老化、痛みに耐性があると言われています。アトアでも地中を再現された場所で飼育されており、実物を観ることができます。

 さてスイートポテトに話を戻します。リアルなタッチでハダカデバネズミが大きく描かれた箱を開けてみると、“お芋色”のハダカデバネズミが登場します。もちろん本物ではなく、スイートポテトで再現したものなのですが、毛のない皮膚やしわの再現度が高すぎて、色以外はまるで本物! ただ館内で生きているハダカデバネズミを観た直後に買ったので、何とも言えない感情に……(笑)。

シワやしっぽなど、とにかくリアルすぎます!

 では食べてみます。ずっしりと重く、大きめのスイートポテトなので、切り分ける必要があるのですが、とにかくこの作業が罪悪感でいっぱい!(笑)。リアルな体にナイフを入れるのが無理な人もいるかもしれないので、家族や友達など複数人で囲むのをオススメします!(笑)

ナイフを入れるときには少しの罪悪感が…

 肝心のお味ですが、ねっとりと濃厚で、芋の香りも良く、食べ出すとおいしすぎて、見た目のリアルなんて忘れてしまうほど。お土産にするにはインパクトがあってオススメです!

 アトアに行った際は、ぜひハダカデバネズミを見て、このスイートポテトもゲットしてみてくださいね!

店内ディスプレイ インパクト大です!
ショップにはほかにもかわいいグッズがそろっていました!

(文=Lovelys)


@yagi_shaki ハダカデバネズミのスイートポテト食べた🐭🍠リアルすぎ(笑) #ハダカデバネズミ #スイートポテト #アトア ♬ original sound - diana


LINEで送る

関連記事