女優の武田梨奈、2022年のキーワードは“柔軟性” 空手の師匠から受けた言葉に感銘

LINEで送る

この記事の写真を見る(1枚)

 女優の武田梨奈が、1日、新年最初の放送となった自身の冠ラジオ番組で、得意とする空手のエピソードや健康を大事にする思いなどを明かした。

武田梨奈(写真:ラジオ関西)

 この日の『武田梨奈のこだわりな時間』(ラジオ関西)では、コメントゲストとして、主婦兼占いタレントとして活動するスピリチュアル芸人のパシンペロンはやぶさが登場。2022年の武田梨奈の全体運、仕事運などを占う場面があった。

 そのなかで、「2022年は変化、変動の多い年。自分のルールやルーティンをすごく大事にされる武田さん、今年に限っては柔軟性がすごく大事」という話しを受けた武田は、昨年(2021年)末、アクション稽古を受けたあとに空手の師匠からも同じようなことを言われたと明かす。「師匠から『梨奈は真面目すぎるので、柔軟性や適当さをもうちょっと持ったほうがいい』といわれていましたので、その部分が自分に刺さりました」。

 武田は、空手の型を例に出して、力を抜く重要性を理解しているという。「空手の型は、力強く動いて見えますが、実は抜いたあとの力を入れたときが一番力強く見えるんです。なので演技やラジオもそういった感覚を意識して、今年はやっていきたいです」。

 また、武田自身が気にする健康面について、占いでは「ずばり元気!」と出た一方、「小さいトラブルが多い時期なので、あまり気にしなくてもいいが、疲れないよう、無理しないよう気を付けて」というアドバイスも。

 子どものころから身体が強く、かつて腕を骨折した際も本来の完治期間より早く回復してアクションシーンを撮影した経験を持つ、武田。それでも、「この役者のお仕事をしていると、少し体調を崩しただけでいろんな方や作品に迷惑をかけてしまいます。アクションもやっているので健康管理をしっかりしないといけないと、30 代になって改めて思います」と、体調管理は重要視。「今後も変わらず身体を鍛えていきたいです」と、気を引き締めていた。

 番組の終盤には、この映画をみてこの世界に入りたいと思ったくらい、影響を受けたという1985年製作のアメリカ映画「グーニーズ」のテーマソング、シンディローパーの「The Goonies 'R' Good Enough」をオンエア。役者になるきっかけの1つを、ラジオを通して披露した。

※ラジオ関西『武田梨奈のこだわりな時間』2022年1月1日放送回より


『武田梨奈のこだわりな時間』
【公式HP】
【公式Twitter】

LINEで送る

武田梨奈のこだわりな時間 | ラジオ関西 | 2022/01/01/土 17:00-17:30

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事