『青春ラジメニア』岩崎和夫さんが降板を発表 前身の番組から35年 「迷いはない」

LINEで送る

この記事の写真を見る(4枚)

 30年以上の歴史を持ち、アニソン番組のさきがけとして知られるラジオ番組『青春ラジメニア』(ラジオ関西、毎週土曜午後8時~)のパーソナリティー・岩崎和夫さんが、今年3月をもって番組を退くことを、1月1日の放送で発表した。

『青春ラジメニア』パーソナリティーの岩崎和夫さん(右)と南かおりさん(写真:ラジオ関西)

『青春ラジメニア』(以下ラジメニア)は、1989年4月、当時ラジオ関西アナウンサーだった岩崎さん自身の企画で始まり、パーソナリティーも放送開始時から本人が務めてきた。アニメがまだ「サブカル」だった時代。その主題歌をはじめ、アニメ、声優、特撮関連の音源に特化したリクエスト番組は全国でも極めて珍しく、瞬く間に人気を得て全国にファンを生んだ。1986年に岩崎さんが立ち上げた前身の番組『アニメ玉手箱』から数えると、その歴史は35年になる。

「必ずフルコーラスかける」、「ヒットしているというだけでは放送しない」など、番組の作り方にこだわる岩崎さんは、リスナーから「ひねくれ岩ちゃん」と呼ばれ、親しまれ続けている。

 番組へのリクエスト・メッセージは、現在もはがきかファクスのみでの受け付け。それにもかからわらず、毎週400~500通が手元に届く。ピーク時には1,000通を超えていたという。岩崎さんは、「リスナーが1番大切」と、自らそのすべてに目を通して選曲するスタイルを守り続けてきた。

リクエストやメッセージに目を通す(写真:ラジオ関西)

 また、番組にはこれまで多くのゲストを迎えてきた。angela、影山ヒロノブさん、串田アキラさん、ささきいさおさん、堀江美都子さん、水木一郎さん、水樹奈々さん、宮内タカユキさん、山野さと子さんら、数えきれないほどのアニソン歌手が出演している。

 作曲家では、『ワンピース』や『サクラ大戦』などを手掛けた田中公平さん、『タイムボカンシリーズ』で知られる山本正之さんが、長年にわたって何回もスタジオに駆けつけ、親交を重ねてきた。声優にも、神谷明さん、國府田マリ子さん、小森まなみさん、中尾隆聖さん、野中藍さん、林原めぐみさんら縁の深い人が多い。(※1)

 1日の放送で岩崎さんは、「今年3月最後の放送をもって、ラジメニアを降板させていただきます」と発表。番組が30周年を迎えた頃(2019年)から降板を考えていたと明かした。そのうえで「この30年で、アニメもアニソンもめちゃくちゃ変わってきた。このあたりでラジメニアも変わらなあかんなぁと感じた」と述べ、「変わるためには、後輩というか新しい方に任せよう、ということがメイン(の理由)」と、番組降板について語った。

岩崎和夫さん(写真:ラジオ関西)

 1991年から同番組でパートナーを務める「ラジメニ小町・かおりん」こと、タレントの南かおりさんは「一緒に卒業することも考えた。岩ちゃんのいないラジメニアに“かおりん”がいる意味があるのかと。でも『ラジメニア』という名前を残すと聞いて、私の責任はそれを守ることだなと思った」と、担当継続を決心するに至った経緯を話した。

南かおりさん(写真:ラジオ関西)

 番組終了後、岩崎さんは「(降板に対するリスナーの)反応は気になるが、『ラジメニア』は変わらなければいけないとずっと考えていたので、迷いはない。やめたいからやめるというのではない。(リスナーの皆さんは)4月からどうなるのかが気に懸かるところだと思うが、これからのラジメニアは新しい人に任せたい」と、後進に譲る意志を改めて語った。

 続投を表明した南さんも、「(4月以降も)リクエストをかけるといった本質は残したい。でもそれ以外は大きく変わると思う。変えないと、岩ちゃんが卒業する意味がない」と、岩崎さんの勇退を新たな段階へとつなげる決意を口にした。

 岩崎さんの最後の出演は2022年3月26日。

※1 ゲストの並びは五十音順。

LINEで送る

青春ラジメニア | ラジオ関西 | 2022/01/01/土 20:00-21:30

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事