北条鉄道、昭和の名車キハ40を導入 ディーゼル車活躍の舞台は東北から兵庫・北播磨へ

(写真9枚)

兵庫県の加西市と小野市を結ぶ第3セクターの北条鉄道に、今年3月から昭和の名車といわれるキハ40が導入されます。この車両は昨年3月まで東北のJR五能線を走っていたもので、世界遺産の白神山地や日本海を眺めながら東能代(秋田)~川部(青森)の147.2キロメートルで活躍していました。

関連記事