コロナ禍では「マスクケース」にも! イケアの「フリーザーバッグ」活用術5選

LINEで送る

この記事の写真を見る(10枚)

 30か国に378の店があり、世界中にファンを持つスウェーデン発祥の家具・インテリア雑貨店「イケア」。日本でも神戸や大阪、東京などに13店舗を展開。北欧ならではの、優れたデザインと高い機能性を備える家具や雑貨が手頃な価格で販売されていることから、多くの人が店を訪れます。

スウェーデン発祥のホームファニッシングストア IKEA神戸(写真提供︓イケア)

「イケアと言えば食べ物もはずせない!」という人もいるほどフードも好評。「IKEA神戸」内のイケアレストランは900席以上の広さがあり、スウェーデン料理の他にも、季節に添ってさまざまなフードフェアが開催されています。さらに、店内にはかわいいぬいぐるみや子ども向け商品もそろっていて、コロナ禍でなければついつい長居したくなる空間は、老若男女に大人気です。

 中でもイケアの大ヒット商品といえば、フリーザーバッグ! 持っていなくても、見たことがあるという人は多いのではないでしょうか?

人気のフリーザーバッグ(写真提供:イケア)

 元々はその名の通り、食品を冷凍保存する目的で作られたもの。ただ、今や用途はそれだけではないんです! イケアのフリーザーバッグの特長は、北欧メーカーならではのデザイン性の高さに加え、豊富なサイズ、コストパフォーマンスの良さ、そして実用性…などなど、あらゆる性能を備えているところ。

 日本では特に人気が高く、他の国よりも多くの種類が販売されています。売上も、なんと世界で2番目に多いのだそう! 見た目はかわいらしく、さまざまな用途に使えるということで大ヒットしているんですね。

春限定で販売されたイチゴ柄(写真提供:イケア)
日本からデザインをリクエストして商品化されたクマ柄(写真提供:イケア)

 今回はそんなイケアの「フリーザーバッグ」の活用術をご紹介します!

(1)洋服やアクセサリーの整理に
 大きなサイズのものは、洋服や靴なども入ります。普段の整理に活用するのもよし。旅行やお出かけの際にも重宝しますよ。


◆IKEA神戸
〒650-0046 兵庫県神戸市中央区港島中町8-7-1
【IKEAオンラインストア】

LINEで送る

関連記事