「ウルトラマンやガンダムより大きい!」 高さ70メートルのメタリックなマネキンが出現 神戸ポートタワー

LINEで送る

この記事の写真を見る(10枚)

 投影作品は、4月末からの大型連休ごろ新しいものに変わる予定。次の作品は「可愛いや面白いというよりは“シャープ”なイメージの内容になる」予定という。さらに、今後は見たり写真撮影したりするだけではない、参加型の企画も検討中。最新情報は公式SNSなどで発信する。

 風嵐さんは、「やっと春めいてきて、メリケンパークの桜も咲きだしそうな気温に。お昼はウォーターフロントで遊んだりショッピングを楽しんだりして、夜は、今しか見られない神戸ポートタワーをゆっくり見る……そんなプランを楽しんでみては」と話す。

株式会社 神戸ウォーターフロント開発機構の風嵐陽太さん(写真右)と『サンデー神戸』レポーターの加納永美子

※ラジオ関西『サンデー神戸』2022年3月27日放送回より


【「神戸ウォーターフロントアートプロジェクト」HP】



【『サンデー神戸』番組HP】



LINEで送る

サンデー神戸 | ラジオ関西 | 2022/03/27/日 09:00-09:30

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事