若者に流行中「ギャルピース」とは 「90年代にも流行」「韓国でも日本人アイドルからトレンドに」

LINEで送る

この記事の写真を見る(5枚)

この記事に関するTwitterを見る

 写真を撮る時、皆さんはどのようなポーズをしますか? 昨年(2021年)には、韓国のアイドルグループ「宇宙少女」のメンバー、ルダさんが考案した、両頬を挟んで両手でハートをつくる「ルダハート」などのかわいいポーズが流行しました。そして今、若者のなかで流行しているのは「ギャルピース」と呼ばれるポーズです。

ギャルピース

「ギャルピース」とは、ピースを作り、手のひらの方を上に向けて、前へ突き出すポーズのことです。通常のピースをひっくり返したような形ですね。これは、90年代にギャルの間で流行したポーズ。昔プリクラでしたことがある、なんて方も多いのではないでしょうか。

 TikTokでは、“ギャル超かわいい”のフレーズでバズった、OHAYOさんの楽曲『GAL (feat. Shake Pepper & Yvngboi P)』を使用した動画が多く投稿されていて、そのなかでも「ギャルピース」をしているものをよく見かけます。

 そんな「ギャルピース」ですが、流行っているのは、実は「韓国」! 日本で過去に流行したポーズが、韓国に渡り、それがまた日本に逆輸入されて若者の間で流行しているといわれています。

 きっかけになったのが、K-POPアイドルグループ・IVEの日本人メンバー・レイさん。別名「レイポーズ」とも呼ばれていて、そこからaespaのジゼルさんら、韓国で活躍する日本人に広がって流行したようです。

 その他にも、真顔で撮るのがポイントの「片思いハート」や、なにわ男子発祥の「ちゅきちゅきポーズ」、プリクラでよく見かける「ピース猫耳」、2人で撮るのにオススメな「顎(あご)つまみポーズ」など、まだまだ流行しているポーズが存在します! 昨年にもかなりの数のポーズが生まれていたのに、次から次へと増えていくので驚きです。

片思いハート
ちゅきちゅきポーズ
ピース猫耳
顎つまみポーズ
LINEで送る

関連記事