2年半ぶりに街頭で募金を呼びかけ 「あしなが育英会」 9日に兵庫県内で

LINEで送る

この記事の写真を見る(4枚)

 病気や災害などで親を亡くした子どもの進学を支援する「あしなが育英会」が、7月9日、2年半ぶりに兵庫県内の街頭で募金を呼び掛ける。

2019年10月 姫路駅(提供:あしなが育英会)

 遺児の奨学金を募る募金活動「あしなが学生募金」は、毎年4月と10月に全国約200か所で一斉に街頭募金を行ってきたが、コロナ禍のため2019年10月を最後に本格的な街頭募金を行えない状況となっていた。2021年12月に、神戸市中央区の元町駅前で活動を行ったものの、2時間だけと限定的だった。

2019年10月 三ノ宮駅(提供:あしなが育英会)
2019年10月 明石駅(提供:あしなが育英会)

 あしなが奨学金は、街頭募金などによる寄付によってまかなわれている。長引くコロナ禍で、奨学生は増えており、2021年度は8,429人と過去最多に。兵庫県内でも531人と過去最多となった。コロナ禍に加え、ウクライナ情勢、そして円安による生活必需品の値上げが、遺児家庭をさらに追い詰めており、奨学金の必要性は高まっているという。

 あしなが学生募金は、2022年5月から12月にかけて、全国47都道府県をリレーでつなぎ寄付を募る「全国募金リレー」を行っている。7月9日に兵庫県内11か所と京都府内3か所で寄付を呼び掛ける。寄せられた寄付は、2分の1を日本国内の遺児と、親に障がいがある子どもの奨学金に、2分の1をサブサハラ・アフリカ49か国の遺児の奨学金として役立てられる。

◆兵庫県でのあしなが学生募金「全国募金リレー」
2022年7月9日(土)午前10時~午後1時
開催場所: 三ノ宮駅前、元町駅前、姫路駅前、西宮北口駅前、JR尼崎駅前、JR芦屋駅前、JR住吉駅前、六甲道駅前、六甲駅前、名谷駅前、明石駅前 (11か所)

2019年10月 JR尼崎駅(提供:あしなが育英会)
LINEで送る

関連記事