「あなたを愛している人は必ずいる」 サヘル・ローズが川嶋あいと語った“自身を否定しない大切さ”

LINEで送る

この記事の写真を見る(4枚)

この記事に関するTwitterを見る

 シンガーソングライターの川嶋あいがパーソナリティを務めるラジオ番組『明日への扉〜いのちのラジオ+〜』(ラジオ関西、毎月第1・2週日曜午後5時〜)。8月7日の放送に、サヘル・ローズさんがゲストとして登場した。出演は3回目。今回はリスナーから寄せられたメッセージも紹介され、サヘルさんは、自身の経験や思いを言葉にする理由について語った。

写真左から、番組パーソナリティ・シンガーソングライターの川嶋あい、ゲストのサヘル・ローズさん

 7歳までイランの孤児院で過ごし、8歳のときに養母とともに来日したサヘル・ローズさん。公園での野宿生活や学校での差別など数々の苦難を乗り越えて俳優となり、さまざまな映画や舞台に出演するように。主演を務めた映画『冷たい床』では、イタリア・ミラノ国際映画祭で最優秀主演女優賞を受賞。テレビのカルチャー・教育番組にもレギュラー出演するなど、俳優・タレントとして活動の幅を広げている。また芸能活動の傍ら、世界中の難民キャンプを訪れ、孤児・ストリートチルドレンら、子どもたちに寄り添う活動を続けている。

 今回の放送では、前回出演時の放送を聴いたリスナーから「サヘルさんの前向きな姿からパワーをもらった気がします」という声が寄せられた。川嶋は、このメッセージに大きくうなずきつつ、「想像を絶する苦難を乗り越えてきた方なのに、まっすぐに(思いを)伝えてくださることが、たくさんの方の心に突き刺さるのだろうな、と思う」と続けた。

 言葉にして届けることで、自身の気持ちも軽くなることを明かしたサヘルさん。「誰かに(話を)聞いてもらうだけで、人ってすごく楽になっていける」という持論から、思いを伝えることを大切にしているのだという。

 さらに、やさしくも力強い声で「あなたの存在があることで救われている人はいる」とコメント。「絶対に自分を否定してほしくない。なぜなら、あなたを愛している人は必ずいるから」と、自分に自信を持てずにいる多くのリスナーに向けて真摯に語りかけた。

 サヘルさんの経験や信念に触れた川嶋は、「知らないことがたくさんあるけれど、“想像する力”をもっと育まなければいけないなと思いました」と、他人への思いやりの大切さを改めて実感。サヘルさんも、もしも周囲に悩んでいる人などがいれば、「意識を向けること」「心を寄せること」を胸に留めてほしいと投げかけた。

※ラジオ関西『明日への扉〜いのちのラジオ+〜』2022年8月7日放送回より

☆☆☆☆☆

『明日への扉〜いのちのラジオ+〜』(パーソナリティ:川嶋あい)
【番組公式ブログ】

LINEで送る

明日への扉~いのちのラジオ+~ | ラジオ関西 | 2022/08/07/日 17:00-17:30

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事