『レコード』ブーム再燃! “ジャケ買い”を堪能できるイベント 神戸・六甲アイランドで開催 25日から

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

 平成になってから生産数が減少し、消滅の危機もあったアナログレコード。現在は増加傾向にあるという。最近では、SNSで見たレコードのジャケットに興味を持ち、“ジャケ買い”をする若者もいる。

レコードブームが再燃中

 一般社団法人日本レコード協会の調査では、国内のレコード生産数は、昭和51(1976)年にはおよそ2億枚だったが、平成に入ると数が大幅に減少。平成21(2009)年にはおよそ10万枚にまで減り、一時期は消滅の危機に。しかし、アナログの良さを再認識する機運の高まりや、安価なプレーヤーの登場などを追い風として、生産量は徐々に増加。平成29(2017)年には、16年ぶりに100万枚を突破した。

 そんな世の中の動きを受け、より多くの人にレコードを鑑賞してもらおうと、8月25日(木)から神戸ファッションマート(神戸市東灘区・六甲アイランド)でアナログレコード展「神戸ファッションマート×ラジオ関西プレゼンツ アナログレコード展~レコードジャケットは30センチ四方の芸術だ!~」が開催される。

 レコード好き注目のこのイベントは、今年4月に開局70周年を迎えたラジオ関西(神戸市中央区)のレコードライブラリーに収蔵されている約10万枚のアナログレコードから、洋邦各ジャンルの代表的な1,000 枚を厳選。洋楽ではエルビス・プレスリーやマイケル・ジャクソンらの名盤が並ぶほか、邦楽からは、フォークソングや人気のシティ―ポップ、アニメソングやアイドルシンガーまで多彩なジャンルからチョイス。レアなレコードジャケットなどが展示される。

神戸ファッションマートでアナログレコード展

 また、コレクター放出品や専門店に並ぶ前のレコードの販売も行うなど、数千点を超えるレコードが揃う。気になるレコードを実際に聴けるリスニングブースも併設する。

 さらには、手回し蓄音機、ポータブル電蓄(電気蓄音機)、アナログレコードプレイヤーなど、音響機器のもコレクター放出品の展示販売を行う。持ち込みレコードを用いての試聴も可能。掘り出し物が眠っている可能性も期待したい。

 イベント開催期間中の週末は、関西で音楽番組を担当するDJによるレコードコンサートとトークショーを実施。マニア垂涎のスピーカー「ダイヤトーンR305」を通してアナログレコードを堪能できる。

 レコードコンサート・トークショーのスケジュール、テーマは次の通り。

LINEで送る

関連記事