「ツナ缶」「サムライ」…愛称もユニークな『セイコーダイバーズ』 世界で愛される名作を解説

世界で初めて、時計の外周にチタン製のプロテクターが用いられたモデル(1975年)。世界最高峰の水密性、気密性、そして耐食性や耐擦傷性などの耐久性能が盛り込まれた。そのルックスから「ツナ缶」の愛称で親しまれる(提供:セイコーウォッチ)
(写真8枚)

「ダイバーズウォッチ」は、ロレックス「サブマリーナー」をはじめとするスイス製のものが有名ですが、「日本製」のそれも負けず劣らず、世界中で愛され続けています。歴史や、その魅力について、登録者数が6万3千人を超える「腕時計YouTuber」であるRYさんが、『やさしい腕時計』(ラジオ関西Podcast)で解説しました。

関連記事