『犯罪被害』にあったらどうする? 「なるべく早く弁護士に相談」 被害者支援について弁護士に聞く

(写真2枚)

犯罪被害にあうのは決して特別な人ではなく、社会で普通に暮らしている私たちです。犯罪や事故の被害にあえば、誰でもどうしたらよいのかわからなくなります。では、もしも犯罪被害にあった場合どうすればよいのでしょうか。兵庫県弁護士会犯罪被害者支援委員会の副委員長として、被害者支援に注力する三宅勇気弁護士に聞きました。

関連記事