日産新型スカイライン「手ばなし運転」で淡路島を縦断!世界初の運転支援機能を“初タイケン”

 運転中に両手両足を離しても大丈夫――。一昔前なら夢のような話だったかもしれないが、もう、その時代はやってきている。日産自動車を代表するスポーツセダン「スカイライン」の最新モデルでは、夢の「手ばなし運転」ができると聞き、早速、試乗することに。“車の未来”を“初タイケン”!

日産の新型スカイライン
日産の新型スカイライン(写真提供:日産プリンス兵庫販売株式会社)

 運転席に乗り込むとまず感じるのが、その“快適さ”。シートの座り心地やインパネ・ダッシュボードには高級感が漂う。カーナビのパネルが2枚だったり、ハンドルに多数のボタンがついていたり、いたって自然な内観だが、ワクワクが止まらない。

 少し車を走らせてみると、その安定性に驚かされる。路面の状況に左右されず、グングンと加速していくのだ。ハンドルは少し柔らかめだが、アクセル、ブレーキとあわせて直感的な操作ができることに変わりはない。

日産の新型スカイライン(写真提供:日産プリンス兵庫販売株式会社)
日産の新型スカイライン、内装の様子(写真提供:日産プリンス兵庫販売株式会社)

 最新のスカイラインには、『プロパイロット2.0』という運転支援機能が同社で初めて搭載されたのだが、簡単に説明すると、高速道路に乗ってから出口までの間、あらゆる面からドライバーをサポートしてくれる機能だ。

「手ばなし運転(同一車線内『ハンズオフ』機能)」ができるのは、高速道路(高速自動車国道法の定める高速自動車国道、及び、道路法の定める自動車専用道路)だけということで、早速、料金所を通って本線へ合流。ちなみに、淡路島の高速道路は全線(神戸淡路鳴門自動車道)でこの機能が使える。

 まず、ハンドルのボタンを操作して、車の上限速度を決める。そうすると、その速度までの範囲内で、前の車との距離を一定に保ってくれるし、車線の真ん中を走るようにセンサーがセンチメートル単位で目を光らせてくれる。このモードに入れば、アクセルやブレーキから足を離しても車は進んでいくし、手はハンドルを軽く握っておくだけでOKだ。

 こうした条件が整ったうえで、ドライバーが状況に応じて、迅速に、かつ確実にハンドルを操作できる状態であれば、同じ車線のなかで「手ばなし運転」が可能となる。

 こうなれば、手はハンドルから離しても問題ないし、足の操作も要らない。文字通り、ただ“座っているだけ”。左運転の車の助手席に乗っていることをイメージしてほしい。これまでの日本の運転支援機能では、ドライバーはハンドルを握っていることが絶対で、手を離したままだと、警告音が鳴り、機能がキャンセルされていた。きわめて画期的と言えるだろう。

 ただまっすぐ、同じ車線を走るだけではない。もっと驚いたのが、前に遅い車がいた場合は、「追い越しますか?」と車から提案があること。ハンドルの「追い越しボタン」を押すだけで、自動でウインカーを出してくれて、ハンドルが自動に回って、前の車を追い越し、またもとの車線に戻る、といった具合に安全に車線変更をしてくれる。まさに、至れり尽くせりだ。もちろん、衝突を防ぐ機能や、車線から外れるのを防ぐ、これまでの機能も付いている。

 日産の担当者によると、この「手ばなし運転」は「自動運転」とは、イコールではないという。機能を利用できるのは、全国の高速道路や自動車専用道路の7~8割。同じ車線上を走っているときだけで、急カーブ、料金所、トンネルなどのGPSの信号が届きにくい場所ではハンズオフ機能は使えない。手放し運転中にそうした状況に遭遇した場合は、その都度、車両側からおしらせがあって、機能がキャンセルされるのだという。

 また、ドライバーの視線は、赤外線カメラでチェックされていて、目を閉じていたり、よそ見をしていたりすると注意される。言わずもがな、両手が離せるからと言って、携帯電話の操作は絶対にいけない。

日産の新型スカイライン(写真提供:日産プリンス兵庫販売株式会社)
日産の新型スカイライン、自動運転時の様子(写真提供:日産プリンス兵庫販売株式会社)

 精度の高い3Dの地図データ、車両の周り360度を監視するセンサー……日産が誇る、最新技術の結晶“新型スカイライン”。日産の各店舗で試乗ができるので、お近くのお店に気軽に問い合わせてみてはいかがだろうか。

車両の周り360度を監視するセンサー
車両の周り360度を監視するセンサー
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2019/12/skyline2.png
精度の高い3Dの地図データ
©ラジオ関西

春名優輝PUSH! | ラジオ関西 | 2019/11/29/金 16:30-17:42

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事