「うまいっ!」の一言が聞きたくて――「淡路島3年とらふぐ」今年も解禁!

LINEで送る

 すっかり寒さも厳しくなり、『味覚の秋』は終わってしまうが……、ご心配なく。兵庫県には、冬にも美味しいものが盛りだくさん! 旬を迎える「淡路島3年とらふぐ」をご紹介しよう。

「淡路島3年とらふぐ」
「淡路島3年とらふぐ」

「3年とらふぐ」は、その名の通り、淡路島の南、福良港沖の鳴門海峡で“3年間”丹精込めて育てられたふぐのこと。ふぐは、通常の養殖では2年かけて出荷されるが、さらにもう1年 “過保護に” 育て上げる。

 この1年の違いが重要で、大きさも、そして味も、さらには白子の濃厚さも格段に良くなるのだそう。「天然もの」に引けを取らない肉質と身の締まりが特徴だ。

「淡路島3年とらふぐ」
「淡路島3年とらふぐ」

 通常の2年モノのとらふぐは、全長およそ30センチ、重さは800グラム前後。一方、この「3年とらふぐ」の全長は、2年モノよりも15センチも大きい全長およそ45センチ。重さは1.2~1.8キログラムにもなる。特に重さは、およそ倍に成長するから驚きだ。

てっさ
てっさ(ふぐ刺し)

 代表的な食べ方である“てっさ(ふぐ刺し)”で味わう。身は透明で薄いピンク色。旬の時期には七色に光って見えることもあるという。薄く切り、大きなお皿に美しく盛り付けられた様子は、もはや芸術品の域。ポン酢と紅葉であっさりといただくと、コリコリとした食感に甘みと、ふぐ本来の旨味が楽しめ絶品だ。噛めば噛むほど甘みを感じられる。白子も、舌でその濃厚さをしっかりと感じることができる。

てっちり
てっちり鍋

 次に“てっちり(ふぐちり鍋)”。昆布からとったシンプルな出汁で、野菜や豆腐と一緒に火を通していく。驚くほど骨が太く、身が大きい。ふぐのサイズの固定観念は一気に崩れ去っていく。こちらもポン酢であっさりと。“てっさ”で楽しめたコリコリした触感はなくなり、淡白でふわっふわの身と野菜のみずみずしさのハーモニーが楽しめる。おすすめのしめ方は、“ぞうすい”だそう。ふぐと野菜の旨味が溶け出した出汁で楽しむぞうすいは感動を覚える。

淡路島のクラフトビール、「あわぢびーる」の「島レモン」
淡路島のクラフトビール、「あわぢびーる」の「島レモン」

 ここにお酒があると最高だな……と思ったあなた。淡路に行ったらおすすめなのは、やはり地元のクラフトビールである「あわぢびーる」。6つの銘柄のうち、筆者が特におすすめするのは、“島レモン”。レモンのさわやかな酸味が、ビールのこの上ないのどごしと相まって、から揚げなどの揚げ物などとよく合う。

ヒレ酒
ヒレ酒

 また、やはり“ヒレ酒”も忘れてはならない。熱燗を干したふぐのヒレに注ぎ、5分ほど待ったあと、ライターで火をつけ、一気にアルコールを飛ばす。魚の香りと日本酒の芳醇な香りが、想像以上にマッチする。

 鳴門海峡の激しい潮流に揉まれた「3年とらふぐ」を、ぜひご賞味あれ!

ふぐのから揚げ
ふぐのから揚げ
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2019/12/ぞうすい.png
ぞうすい
ふぐフルコース
ふぐフルコース

春名優輝PUSH! | ラジオ関西 | 2019/12/06/金 16:30-17:42

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可