全裸入浴中に大地震!どうする?阪神・淡路大震災25年 神戸の下町で“防災銭湯”

神戸市兵庫区のレトロ銭湯『笠松湯』
神戸市兵庫区のレトロ銭湯『笠松湯』

 あなたがもし、裸でお風呂に入っているときに大地震が起こったら、そのまま外に避難しますか? そのときにどうすればいいと思いますか? 入浴中に災害が発生した場合を想定して避難の仕方や消火を訓練する「防災銭湯」が、1月12日、神戸市兵庫区のレトロ銭湯『笠松湯』で行われます。

神戸市兵庫区のレトロ銭湯『笠松湯』
『笠松湯』の浴槽

 お風呂に入るときは、裸になっていて無防備の状態です。裸のまま外に出たら恥ずかしいし、靴を履いていない裸足の状態ですから、すぐには逃げられない……。大きな地震が起こってパニックにならないように、身を守る方法を知る取り組みです。

神戸市兵庫区のレトロ銭湯『笠松湯』
なつかしさを感じさせる『笠松湯』銭湯内部

 誰でも参加できて参加費は無料。当日は、銭湯で体を洗っている最中に地震が起きた、というシミュレーションをします。訓練ですから“全裸になっているつもり”になって、実際は服を着たまま行います。

 参加者が、洗い場の椅子の上に並んでいると災害発生を知らせるサイレン音が鳴り響きます。

なつかしさを感じさせる『笠松湯』銭湯内部
なつかしさを感じさせる『笠松湯』銭湯内部

 従業員が「地震です」と声をかけます。お風呂は停電で真っ暗になって、非常用の照明が出入り口付近に灯ります。

笠松湯

「揺れがおさまるまでじっとしていてください。頭に桶をかぶってください」。参加者は、黄色い『ケロリン』のおけで頭を守って、その場にしゃがみこんで身を守ります。

ケロリン
黄色い『ケロリン』のおけ

 揺れがおさまったら、今度はガラスやタイルが割れて飛び散っていることが考えられますから、足ふきマットを床に敷いて避難経路を確保して脱衣所へ向かいます……。従業員は、逃げ遅れた人がいないか参加者の人数を確認して、落ち着いて服を着るようアドバイス、状況に応じて近くのノエビアスタジアム神戸へ避難する案内をします。

脱衣所
『笠松湯』の脱衣所

 今回の防災銭湯は、こうした一連の流れを体験するほか、消防署の協力で消火器を使う消火訓練体験や、災害時に役立つロープの結び方教室、おにぎりなどの炊き出しも予定されています。

防災銭湯

 笠松湯を経営する初田浩子さんによると、こうした取り組みが神戸で行われるのは神戸市長田区の『萬歳湯』に続いて2回目とのことです。初田さんは「裸の状況でどう避難すればいいか、体験を通じて防災について考えるきっかけにしてほしい。また従業員としていざという時にどうやってお客さんを誘導するか、対応を学びたい」と話しています。

笠松湯
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2020/01/huro10.jpg


◇防災銭湯
日程 2020年1月12日(日)11:00~
会場 銭湯・笠松湯
(神戸市兵庫区笠松通6-3-6 地下鉄海岸線「和田岬」駅から徒歩約3分)
参加費 無料
問い合わせ 電話080-5364-0636

笠松湯

関連記事