阪神・淡路大震災を乗り越えたヴィンテージ日本酒 『奇跡の1本』の生い立ちとは

株式会社Clear代表取締役CEOの生駒龍史さん
(写真4枚)

25年前の阪神・淡路大震災を乗り越え、「奇跡の1本」と呼ばれるヴィンテージ日本酒「現外」。神戸に本社を置く沢の鶴で製造されたそのお酒の生い立ちについて、「現外」を販売する高級日本酒オリジナルブランド「SAKE100」事業を運営する株式会社Clear代表取締役CEOの生駒龍史さんがラジオ番組のなかで紹介した。