ヴィッセル神戸、継続性とイニエスタらの経験値がもたらしたACL第1戦の大勝 今後への課題は「したたかさ」

LINEで送る

 サッカーのアジアナンバー1クラブを決める大会、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020のグループリーグが12日からスタートした、ヴィッセル神戸。その初戦では、マレーシアのジョホール・ダルル・タクジムに5-1とホームで大勝。目標とするアジアナンバー1に向けて大きな一歩を踏み出し、19日との水原三星(韓国)とアウェイ戦や、23日にやってくるJ1開幕戦(横浜FC戦)へ弾みをつけた。

ACL初戦でヴィッセル神戸が大勝。イニエスタ(左上)、小川(右上)、酒井(右下)ら経験豊富な選手がチームを牽引し、安井(左下)ら若手も活躍した(4選手ともPhoto by T.MAEDA)
ACL初戦でヴィッセル神戸が大勝。イニエスタ(左上)、小川(右上)、酒井(右下)ら経験豊富な選手がチームを牽引し、安井(左下)ら若手も活躍した(4選手ともPhoto by T.MAEDA)

 1月1日に天皇杯決勝を戦い、悲願の初タイトルを獲得。そこから約3週間後の22日には新シーズンを始動。沖縄キャンプを経て、2月8日には昨シーズンJ1王者の横浜F・マリノスとの富士ゼロックススーパーカップでPK戦の末に勝利。そして、中3日で臨んだACL第1戦で、クリムゾンレッドは地元・神戸での2020年初公式戦を迎えた。2月中頃にして早くもホームゲームを見ることができ、「ヴィッセルの試合を楽しみにしていた」という神戸サポーターの声も場内で数多く聞かれた。

 大会規定により、ホームスタジアムの名称は、ネーミングライツの入ったノエビアスタジアム神戸ではなく、神戸市御崎公園球技場。スタジアムにあった広告物は至るところがマスキングされ、場内アナウンスは英語主体となり、会場はACLモードに。さらに、通常、メインスタンドから見て右側のベンチがホームの神戸となるが、このACLの試合ではベンチは左に。ただし、ゴール裏の神戸サポーター席はいつもどおり、右。普段のホームゲームとは、少し勝手が違うなかで、いざ、試合へと進む。

 神戸はこの試合でMF山口蛍が発熱のために欠場。昨シーズンJ1全試合フル出場を果たすなど、絶対不可欠な背番号5がいきなり不在になるアクシデントに見舞われた。また、ACLの外国籍選手登録枠(3人+アジア枠1人)により、富士ゼロックススーパーカップに出場したDFダンクレーとMFセルジ・サンペールがメンバー外に。そのため、先発には、ボランチにMF安井拓也とMF郷家友太の若手コンビ、攻撃陣の一角には小川慶治朗が起用された。また、ディフェンスラインは4バックを採用し、MFアンドレス・イニエスタがトップ下に入るシステムで、この一戦に挑んだ。

 相手のジョホールは、マレーシア・スーパーリーグを6連覇中。ACLには2017年にプレーオフでガンバ大阪と対戦(0-3)経験があり、2019年からは本選グループリーグに2年連続出場となる。イニエスタのようなビッグネームはいないとはいえ、昨シーズンのACLでは鹿島アントラーズに勝利した実績も持つだけに、その実力は侮れないもの。実際に試合が始まると、フィジカルとキープ力に長けたブラジル人FWジオゴがゴール前で決定機を得るなど、序盤からアグレッシブな戦いを披露。逆に神戸としてはヒヤリとさせられる場面も作られていた。

 それでも、神戸は左サイドのFW古橋亨梧や、自在にボールに絡むイニエスタを軸に攻勢をかけると、13分、先制点を獲得。ハーフウェーライン付近からのイニエスタのループパスに走りこんだのは、FW小川慶治朗。相手GKを見ながら、利き足ではない左足でそのままループシュートを放つと、ボールはゴールに吸い込まれた。神戸のエースナンバー「13」を背負う男がクラブACL第1号ゴールを記録したことで、場内も一気に盛り上がる。

 そこから攻勢にいくかと思われた神戸だが、一瞬の隙から自陣に攻め込まれた際、ジョホールの攻撃をブロックしようとしたDFトーマス・フェルマーレンの手にボールが当たってしまい、ハンドの反則をとられ、PKを献上。ジョホールFWサファウィ・ラシドの強烈な左足のシュートに神戸GK飯倉大樹もしっかり反応したものの、わずかに届かず、失点。試合は振り出しに戻った。

 ただし、1-1の時間は1分もなかった。28分、右DF西大伍からの丁寧な右グラウンダークロスに、相手DFが足を滑らせて対応が遅れたところを見逃さなかったのが、古橋。ダイレクトで右足をあわせると、きれいな弧を描いてゴールが決まり、再びリードを奪った。2-1で進むなか、序盤から神戸のスピードにファウルで対応するケースが目立ったジョホールに対し、前半終了間際には一時ヒートアップした古橋とサファウィ・ラシドの双方にイエローカードが提示されるなど、少し荒れる気配も漂わせた。ただ、ハーフタイムで神戸イレブンは冷静に試合を振り返り、修正に着手する。

 この一戦で出た課題は、「動きすぎた」こと。若きボランチコンビも「前に出て行きたい欲が出て、行き過ぎてしまったので、後半ちょっと修正した」(安井)、「前半ちょっと動きすぎてバテてしまっていた。(動きすぎると)中盤も大きな穴があいてしまうので、自分たちが(動きすぎないよう)セーブしながらやっていた」(郷家)と、同じような課題を口にしたとおり、前がかりになったところで、相手のカウンターを許すシーンが散見した神戸。そこを時間を進めていくなかで修正して、チームとしてうまくゲームをコントロールできたことが、後半のゴール量産へとつながっていく。

 そして、試合を通してチームに落ち着きをもたらしたのが、若きボランチを四方から牽引した経験豊富な選手たち。イニエスタ、フェルマーレン、DF酒井高徳、西大伍の4選手が、今の神戸にとって大きな存在であることを、この一戦では改めて痛感させられた。

 試合を決める3点目は、敵陣左サイド深くからイニエスタ、酒井が絡んだところで相手を崩したもの。酒井の折り返しに、最後は小川がまたも左足であわせて、試合を決定づけた。イニエスタはその後、小川のハットトリックとなる5点目にもGK越しのクロスで好アシストするなど、鮮やかなパスなどで再三にわたって好機を演出。格の違いを見せつけた。フェルマーレンは要所での相手の速攻で、1対1のピンチとなりそうなところでも、まったくあわてず相手をシャットアウト。まさに『壁』として君臨する。酒井と西は両サイドでハードワークを惜しまず、巧みなポジショニングでも攻守に存在感を発揮し、チームのアクセントになっていた。

 忘れてはならないのが、最前線で奮闘したFWドウグラスだ。前半からハイプレス、プレスバックも惜しまず、ポストワーカーとしてもチャンスに絡むと、65分には西からの縦へのロングフィードをチームの4点目に結び付けた。相手DFを弾き飛ばしながら前線に抜け出すと、得意の左足で強烈なシュートを叩き込み、ホームでの初得点をマーク。FW藤本憲明と交代するまでの72分間のプレーで順応性の高さを示した。「個人のゴールはうれしいが、大事なのはチームが勝つこと」と、フォア・ザ・チームに徹する大型ストライカーが、今季の神戸の大きな武器となることは、間違いなさそうだ。

 終わってみれば圧勝の神戸。昨シーズン終盤からのいい流れを継続し、2019年11月23日のJ1第33節セレッソ大阪戦からの公式戦の連勝を7に伸ばした。誰が出ても攻守にチームが志向するサッカーを実践できてるのも頼もしい。ただし、試合後、クリムゾンレッドのイレブンに浮かれた様子はなかった。

「もっとクレバーにまわして、もっとしたたかにできたらよかったかなと。自分たちの試合をきつくするのではなく、少しでも確実にこなすためにも、バランスが大事。今日は不必要な(ボール)ロストが多かった。自分たちでリズムを壊したり、行き当たりばったりになると消耗してしまう。相手も走らせるなど、サッカーの戦い方はもう少し改善できると思う」と振り返ったのは、酒井。また、「勝ちにつながったとはいえ、前半失点してしまいましたし、相手に押し込まれる場面だったり、カウンターを食らってしまう場面や、自分たちのしょうもないミスで相手にかっさられている場面もあったので、反省すべき点は多い」と古橋も自らやチームを厳しく律する。ハットトリックを決めた小川も、「チームとして勝てたことや、ハットトリックはうれしいが、4~5点は取れていたと思うし、一番簡単だったであろうシュートを外したことが反省のほうが自分のなかでは大きい」と自戒を込めつつ、勝って兜の緒を締めていた。

 それでも、「ACL初舞台で、未知の部分もあったが、最後まで自分たちのサッカーで、チームとして戦うことができれば、今回みたいに勝つことができると思うし、手応えはつかめたので、これを続けたい」という小川は、「チーム内で競争があるからこそ、いいゲームができている。練習から強い気持ちを持ってやっていきたい」と、今後に向けてさらに気合いを込めていた。また、安井とともに中盤で奮闘した郷家は、「若手がもっともっと出ていかなきゃいけないし、黙ってちゃいけない立場でもあるので、自分たちが先陣を切ってやっていけるような雰囲気を作っていきたい」と、さらなる台頭を誓っていた。

 昨シーズン前半戦には苦戦が続いた経験もあるだけに、その轍を踏まないためにも、気の抜けない戦いが続く、神戸。まずは次にやってくるアウェイ戦、韓国で行われるACL経験豊富な水原三星との一戦で、『フィンク・ヴィッセル』の継続性をしっかり見せつけ、ジョホール戦同様、結果を出すことができるかが見どころとなるだろう。アジアナンバー1を目指すタフな戦いは、まだ始まったばかりだ。(文:前田敏勝)