かりゆし58、不朽の名曲『アンマー』への愛を語る 沖縄のミュージシャンに共通する「謙虚さ」とは

かりゆし58
(写真3枚)

かりゆし58、2006年リリースの1stシングル『アンマー』は、母親への愛、感謝など……様々な感情を飾らない言葉で歌い上げた不朽の名曲。だが、卒業式シーズンということもあって、改めて心を、耳を傾けている人も多いかもしれない。かりゆし58の前川真悟(ヴォーカル/ベース)と宮平直樹(ギター)が、ラジオ関西の番組に出演。『アンマー』対する想いから、沖縄でのちょっぴり変わった卒業式のエピソードを聞く。