【連載】兵庫五国 お城と桜の旅(1)洲本城

LINEで送る

 桜の季節が駆け足でやってきた。ソメイヨシノの開花を待つ名城を兵庫五国から1つずつ取り上げて花の見どころ・城の味わいを、連載としてお伝えする。1回目は淡路島の洲本城だ。

 洲本市の南東部、市街地の南壁にあたる標高133メートルの三熊山の山頂に築かれた洲本城。東西およそ800メートル、南北600メートルにも及ぶ縄張りを持つ巨大な城でした。その縄張りと石垣の素晴らしさが魅力です。

 現在、山の上から市街地を見守るように立っている天守は、模擬天守。1928(昭和3)年、昭和天皇の即位を記念して建てられました。当時の姿を模したものではありませんが、鉄筋コンクリート製の天守としては、国内で最も古いものです。この模擬天守、その下まで行くことはできますが、中に入ることはできません。

桜に囲まれた洲本城
桜に囲まれた洲本城の模擬天守 ※写真は過去のもの(写真提供:一般社団法人 淡路島観光協会)

 模擬天守の周りには、桜の木が植えられています。曲がりくねった石垣の間を進んでいくと目に飛び込んでくる天守に思わず声を上げる人が多いのですが、そこに桜が加わると、さらに感動度アップです。

 淡路島観光協会によりますと、模擬天守から1段下がったところがおすすめのポイントです。さらに進むと本丸天守台へ。ここからは洲本市街と海水浴場がある大浜、洲本湾を一望できます。洲本八景の一つ「大浜を大観」に選ばれています。

洲本城から臨む大浜、洲本湾
洲本城から臨む大浜、洲本湾

 そして、洲本市民の桜のポイントとしてもう1か所上げられるのが、曲田山公園です。洲本城の西にある標高80メートルの曲田山にあり、580本のソメイヨシノやヤマザクラが植えられています。淡路島を花で巡る旅「あわじ花へんろ」のスポットにも選ばれていて、洲本市街や大阪湾の眺めが人気です。

 さて、洲本城に戻りましょう。

 洲本城は、室町時代の末期、安宅(あたぎ)氏が水軍の城として築いたのが始まりで、その後1585年に洲本城主となった脇坂安治が、現在見られる洲本城の築城を始めました。

洲本城
洲本城の模擬天守

 天守閣などの建物は残っていませんが、洲本城というと、縄張りと石垣がとにかく素晴らしいとされています。西日本最大の要塞といわれ、戦国時代の城郭の様式をよく表しているうえに、保存状態がいいことから、1999年に国の史跡に指定されました。

 山頂に築かれた城に加え、山の麓にも「御殿」などの建物がありました。その「上の城」と「下の城」を結んでいたのが「登り石垣」です。全国に3か所しか残っていません。階段状の石垣で、洲本城には東西に2つ築かれました。現在は崩れる恐れがあるため近づくことはできませんが、こんなところを通っていたのかと、思いを巡らすことができます。

洲本城へ昇る階段と石垣
天守へ昇る大階段と石垣

 現在、本丸がある山頂へは、遊歩道・登山道で歩いて登ることが可能です。登山口からおよそ20分です。しんどいな〜という人には、車で一気に馬屋まで上がることができます(実際、多くの人が車で訪れているようです。ただ車では登り石垣は見られない……)。

 その馬屋で、洲本城跡にあるもう一つの洲本八景、紀淡海峡が広がる「マリーナの展望」を楽しみましょう。海峡の先端が和歌山県の友が島、右側が由良です。

海峡の先端が和歌山県の友が島、右側が由良
海峡の先端が和歌山県の友が島、右側が由良

 その馬屋から、石垣の間を縫うようにして本丸を目指します。本丸へ続く大石段は迫力満点です。さらに細かいところに目を向けると、石の積み方も洲本ならではのものがあります。近江国穴太の石工達の石垣の積み方「穴太(あのう)積み」。割石を横に積んでいくつかの石で横目地が通るように組まれています。

 また、石垣の角度は通常90度ですが、鈍角に積む鎬角(しのぎずみ)が用いられ、東の丸の武者溜(むしゃだまり)などで見ることができます。

 このほか、洲本城は植物の宝庫といわれています。6月に花を咲かせる「シロミノヤブムラサキ」は、城がある三熊山で発見された世界でただ1本の木です(本丸から西の丸に向かう途中にあります)。このほか、登山道を歩いていると、様々な植物に出逢えるとともに、鳥たちのさえずりも聞こえてきます。

 市街地には古い建物やレトロな通りもあり、桜とともに散策が楽しめます。一足早い春を、淡路島・洲本でお楽しみください。

洲本城(写真提供:一般社団法人 淡路島観光協会)
洲本城の模擬天守 ※写真は過去のもの(写真提供:一般社団法人 淡路島観光協会)

「瀬戸内海国立公園 国指定史跡 洲本城跡」は、入場無料(天守閣へは入場不可)。クルマでは洲本インターチェンジよりおよそ20分、洲本バスセンターから徒歩およそ40分の場所にあります。問い合わせは洲本観光案内所、電話0799-25-5820まで。