「コーヒーの声が聴きたい」姫路のスペシャルティコーヒー専門店・店主の熱き想いとこだわりを聞く

LINEで送る
「NAKAZAKI COFFEE ROASTER」の外観
「NAKAZAKI COFFEE ROASTER」の外観
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2020/03/S__137830422.jpg
店先に掲げられた看板

 国宝・姫路城からほど近く、歴史情緒あふれる街並みが今なお残る野里地区。その住宅街の中に、スペシャルティコーヒー専門店「NAKAZAKI COFFEE ROASTER(ナカザキコーヒーロースター)」がある。看板が上がっている以外、見た目は小さな古民家そのもの。実は一度、前を通り過ぎてしまったほどだ。お店の引き戸を開けた瞬間、芳醇な豆の香りに包まれる。店頭に透明なガラスの容器に入った多彩なコーヒー豆が並ぶ様は壮観だ。店主の中崎武雄さん(43)が笑顔で迎えてくれた。

お店に入ると、透明なガラスの容器に入った多彩なコーヒー豆が並んでいた
お店に入ると、透明なガラスの容器に入った多彩なコーヒー豆が並んでいた
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2020/03/S__137830438.jpg
コーヒー豆だけではなく、ドリップバッグも販売

■取り扱うのは珍しい「スペシャルティコーヒー」のみ 

”ブラジル”、”エチオピア”、”コロンビア”といった国の名前を冠した豆の他、”スペシャルブレンド”、”ビターブレンド”など、ずらりと12種類が並ぶ。常時取り扱うこれらのコーヒー豆はすべて“スペシャルティコーヒー”だ。豆の栽培から生産、加工までが明確で、社会や地球環境にやさしいコーヒーを指す。もちろん、美味しく飲めて満足できることも重要。世界のコーヒー豆の生産量のうち、5パーセントほどしかないというレアな存在で、本来、少々値は張る。

 ところが中崎さんは「コーヒーは極めて日常的な飲み物。だから購入するグラム数が多くなるほど割引を大きくして、より買いやすくしています。もっと気軽に、コーヒーをデイリーユースとして楽しんでしてほしいんです」と、リーズナブルに販売することへ強いこだわりを持つ。

■古民家をリノベーションした温かみのある雰囲気が魅力

「NAKAZAKI COFFEE ROASTER」は2017年4月にオープン。長らくカフェや飲食店にコーヒー豆を卸していたが、「小売りもしてほしい」という多くの声を受けて一般客にも販売を始めた。もうすぐ築100年を迎えるという中崎さんの実家をリノベーションした温かみのある店内では、コーヒー豆(挽きも可)やドリップバッグ(マグカップ一杯分をドリップできる)などだけを買うことができ、飲み物の販売は行っていない。取材中も顔見知りの客が次々と来店した。

古民家をリノベーションしたことで生まれた温かみのある店内
古民家をリノベーションしたことで生まれた温かみのある店内
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2020/03/S__137830436.jpg
特別にコーヒーの入れ方をレクチャーしていただく。二酸化炭素の作用によってこんもりと盛り上がる

■「航海士」から「焙煎士」に⁉「元々、コーヒーは好きじゃなかった……」

 焙煎の仕事に20年以上携わってきたという中崎さんだが、最初に就いた職はなんと航海士という珍しい経歴の持ち主。2年弱勤務した後に友人から誘われ、コーヒー業界へ入る。不思議なことに、その頃はコーヒーが嫌いではないものの、好きではなかったという中崎さん。「うまく入れられないし、美味しいコーヒーに出会ったことがなかったので、一種のあきらめがありました」というが、勤めた会社の社長が入れるコーヒーが感動するほど美味しかったことで、完全にコーヒーの虜に。実家に戻るタイミングで安く焙煎機が手に入ったこともあって、コーヒーをいる道を突き進んだ。

中崎さんの仕事風景。実直な人柄が丁寧な作業に表れていた
中崎さんの仕事風景。実直な人柄が丁寧な作業に表れていた

■「いつか100点のコーヒーを」挑戦は続く

 メーカーに勤務する、カフェを開くなど、「コーヒーに関わる仕事」は多々あるなかで、中崎さんは「焙煎」を選んだ。その魅力を聞くと、「そもそも豆を焼くのが好き、コーヒーを入れて飲むのが好き。自分が好きなコーヒーを入れたい、それだけなんです」と笑顔で答えてくれた。

 豆の種類には大きく分けてストレート(産地などが同じもの)とブレンド(混ぜ合わせたもの)の2種類があり、それぞれに奥深さがあるという。ストレートは「生豆」をどのくらいの温度で、どのくらいの時間で焼き上げれば豆の良さを最大限生かせるかを考える楽しさ。ブレンドは、生豆をいった後に、それぞれの良さを出すにはどの配合がいいか、何度も繰り返す楽しさ。20年続けることで精度は向上しているが、いまだに100点の焙煎、配合ができたことはないそうだ。

店内には「生豆」が入った麻袋が並ぶ
店内には「生豆」が入った麻袋が並ぶ
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2020/03/S__137830426.jpg
コーヒー豆を焙煎する前はこのような状態

■「コーヒーの声が聴きたい」

 2018年には、ハンドドリップの知識や技術を競う全国大会「ジャパン ハンドドリップ コンテスト(JHDC・日本スペシャルティコーヒー協会主催)」に初めて参加し、3位に入賞。中崎さんに仕事をする上でのモットーを聞くと、「コーヒーとしっかり向き合うことです。コーヒーの声が聴きたい。豆がどうなりたいのか、どういう風に思っているのか、対話をしてみたい。時たま、”何か言いたそうだな”と気づくこともあるんですが。まだまだです」と少し照れながら答えてくれた。

 今後について聞くと、「現地の農園に視察に行ってみたいし、自分で買い付けをしてみたい。お店でコーヒーを飲む場所を作れたら……」と、口々に目標を語った。

「ジャパン ハンドドリップ コンテスト(JHDC)」3位の賞状とコーヒードリッパーを模したトロフィー
「ジャパン ハンドドリップ コンテスト(JHDC)」3位の賞状とコーヒードリッパーを模したトロフィー

■「それぞれの楽しみ方で」コーヒーに向き合ってみよう

「素人がコーヒーを入れるのは難しいですか?」と尋ねると、「最初はめっちゃ難しいと思います。でも、楽しいですよ。お店に来ていただければ、入れ方をイチからレクチャーしますし、コーヒーミルの調整の相談などにも乗ります。“まちのコーヒー屋さん”を目指しているんです。昔からやってる豆腐屋さんの、職人仕事のイメージです」とのこと。「コーヒーを入れる、自分に合った豆を見つける、好きな店を見つける。それぞれの楽しみ方を見つけてください」と中崎さん。

「NAKAZAKI COFFEE ROASTER」が、「好きな店」になることは間違いないだろう。中崎さんが焙煎して入れるコーヒーが味わえるイベントは不定期で開催されているので、こまめにチェックしておきたい。


「NAKAZAKI COFFEE ROASTER」

◆NAKAZAKI COFFEE ROASTER(ナカザキコーヒーロースター)
住所 兵庫県姫路市野里東同心町5-10(駐車場:1台あり)
営業 10:00~18:00
定休日 日曜、祝日
電話 079-285-2878
WEB SHOP https://nakazaki.thebase.in/
URL https://www.instagram.com/nakazaki_coffee_roaster/