【連載】兵庫五国 お城と桜の旅(3)尼崎城

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

 桜の季節が駆け足でやってきた。ソメイヨシノの開花を待つ名城を兵庫五国から1つずつ取り上げて花の見どころ・城の味わいを、連載としてお伝えする。3回目は尼崎城だ。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 阪神電車尼崎駅のホームに降り立つと、南東に白い天守が見えます。昨年(2019年)3月29日に「開城」した尼崎城です。江戸時代の姿を忠実に再現しています。かつては、本丸を渦巻き状に取り巻く堀に阻まれ、なかなか近づくことができなかった城ですが、今の尼崎城は、駅からすぐにアクセスすることができます。

尼崎城
尼崎城

 開城に合わせ、城の周りには、市民からの寄付などで37本の桜の木が植樹されました。尼崎城が開城してまだ1年足らずですから、桜の木もまだいわば「ちびっこ」です。桜並木になるにはもう数年かかりそうです。でも、城の近くで桜を楽しむことができます。

 尼崎城のすぐ隣にある尼崎市立中央図書館。敷地には数本の桜の木があり、城に面する2階の玄関からは手が届きそうな感じです。昨シーズンはこの桜越しに見る尼崎城を写真に収める人も多くいました。

尼崎市立中央図書館
尼崎市立中央図書館から見た、尼崎城。2020年3月3日撮影 桜はまだ開花していない

 城の堀だった庄下川沿いにも桜並木が続いています。川にかかる開明橋には、当時の城の縄張りや町のデザインが施されています。

 その開明橋のたもと、西の丸跡に建つのが櫻井神社。尼崎城の初代藩主・櫻井松平信定から最後の城主となった16代櫻井忠興を祭っています。神社は明治に入って建てられましたが、築城当初の尼崎城外堀にかかっていた橋の石杭・礎石や1847年ごろの本丸御殿の棟瓦などが残っています。

櫻井神社
櫻井神社 ※写真は過去のもの(写真提供:櫻井神社)

 境内には10本ほどの桜の木があり、満開になると桜一色に染まります。神社の屋根瓦には桜がデザインされていて、花と瓦の桜が同じような色になると言います。

 さて、尼崎に初めてお城が作られたのは、1519年、細川高国によるものとされています。そこから下ることおよそ100年、1617年から築城が始まったのが、近世の尼崎城です。大坂夏の陣の後、大坂城の西の守りとして築かれました。庄下川を西の外堀とする3重の堀と4層の天守を持ち、その規模は甲子園球場の3.5倍ともいわれました。沖から見ると城全体が海に浮かんでいるように見え、水に映る美しい姿は、「琴浦城」と呼ばれ、親しまれていました。

 およそ12メートルの天守台石垣の上に18メートルの高さを持つ層塔式の大天守は、唐破風や千鳥破風といった屋根飾りをつけるなど意匠が施され、シンプルだけど堂々とした美しい外観を持っていました。

 本丸を中心に、時計回りに松の丸と南浜からなる二の丸、東西2つある三の丸と外側に渦巻き状に広がる渦郭式で、本丸にはすぐに近づくことができない構図になっていました。

 およそ250年にわたって、尼崎のシンボル的な存在でしたが、1873年、廃城令の後、取り壊されてしまいました。周辺には「城内」という地名が残っており、ここに天守があったということを感じさせてくれます。

 そして現代によみがえった尼崎城。周辺の桜を楽しみながらの散策を楽しむのもいいかもしれません。

 尼崎城は、阪神尼崎駅下車、南へ徒歩5分のところにあります。営業時間は午前9時から午後5時まで。月曜日(祝日の場合は営業、翌日休)と年末年始(12月29日から1月2日)が休城。なお、3月23日までは臨時休城中です(3月17日現在)。問い合わせは尼崎城址公園管理事務所、電話06-6480-5646。尼崎城の南側にある尼崎城史跡櫻井神社への問い合わせは、電話06-6401-6643。

LINEで送る

関連記事