大阪の医療機器・特殊素材メーカーが繰り返し使用可能なマスク型製品を開発

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

 医療機器・特殊ゴムなどの素材メーカー、山本化学工業株式会社(本社:大阪市)が、繰り返し使用可能なマスク型製品を開発し、3月30日に大阪市内で会見を開いた。

 同社は、新型コロナウイルス感染により世界中がマスク不足に陥っている状況を少しでも改善したいとの考えから「(従来型の)マスク使用による(他者への)飛散防止のみならず、(顔への)密着性を高めた積極的自己防衛マスク」を開発し、マスクカバーの販売を開始すると発表した。国連主導のSDGs活動に基づき、地球資源を無駄にしない「使い捨て」から脱却し、「長期間清潔に繰り返し使用可能」な製品になっているという。

 同社によると、使用素材は0.5㎜と超薄厚の独立気泡構造のウェットスーツ素材に伸縮性の良いニット生地を両面ラミネート。ウイルス、菌、皮脂や水分を吸収せず、何度でも手洗いして陰干しして使用可能とのこと。少なくとも1年以上は使用できると述べている。

「BIOLA(ビオラ)」
山本化学工業が開発したマスクカバー「BIOLA(ビオラ)」(写真提供:山本化学工業)

 今回発売された商品「BIOLA(ビオラ)」は従来型のマスクとは全く異なるコンセプトの製品。前述の「自分自身の咳やくしゃみの飛沫を抑制するためのマスク」は「自分自身の感染予防」の期待を持って使用している人が多いが、そうではなく、一般的なマスクはウイルスや菌がマスク全体から侵入して口や鼻に入ってしまう。この製品は、口と鼻に近い部分の6か所の穴のみから空気を取り入れる構造だ。従来のマスクのように全体から空気を取り込まないため、ウイルスや菌が侵入する確率を低く抑えることができるというもの。

 この製品にPFE試験適合フィルター、抗菌・抗ウイルス機能を有するフィルターを内部に当てることにより、一層の感染リスクの軽減につながるとの見解を示している。逆に「高機能マスク」の上からかぶせて使用してもさらに侵入を防ぐ「積極的自己防衛」が可能となってくるとのことだ。

(写真:ラジオ関西)
山本化学工業が開発したマスクカバー「BIOLA(ビオラ)」(写真:ラジオ関西)

●知的所有権、行使せず

 山本化学工業は「MERS・SARS感染」が猛威を振るった時代から「積極的自己防衛対策」の課題に取り組んできた。その際に「マスクの空気の取り込み口を限定することにより、菌の侵入を低減する」ことが可能であることを考えていた。この課題に対する「知的所有権」も複数出願し、権利が確定したものもあるがこの「世界的危機」により先に発表した「ヌルヌル水着素材の知的所有権」同様、「マスクに関連する知的所有権を行使しない」原則的決断をしたという。

 競泳水着のように直接的に人命に関わるものでないものについては同社の知的所有権を使用しても構わないが、マスクのような製品には「それなりのレベルの機能が絶対に必要」と、同社。万一、機能のないものが同社素材と同様である等の虚偽表示があることは看過できないと説明。他メーカーに対しても同様の考え方で国民に役立つ製品があれば内容の確認を経て、「YAMAMOTO self diffence concept」のパートナーマークを出すことにより他社にも協力を求め、「日本の国難回避・世界の感染拡大防止」に尽力したいと語った。

 製品概要は下記のとおり。

(1)石灰石を原材料とする独立気泡構造のウエットスーツ素材。
(2)全方位伸縮ゴム(自由自在にマスクの形状が変わる)により顔とマスクの隙間に浮遊物の侵入を防ぐ。
(3)平面状に加工され出荷されているが、製品の上下の凹凸を挿し込み部に挿入して完成。
(4)装着時に製品の内側にガーゼ、ペーパータオル、ティッシュ等を挟むことにより「マスク型」が完成。
(5)トップアスリート使用のウエットスーツ素材(厚さ2~3㎜・今回の商品は0.5㎜)製で使用感が抜群によい。
(6)簡単に手洗い可能、陰干しでも短時間に乾く。(合成ゴム特有のニオイが気になる場合フレグランス付洗剤で数回手洗いすると大幅に軽減)
(7)素材の耐久性は5年以上だが使用目安は1年間(使用環境による)
(8)6つの通気孔により日常の呼吸は充分だが、運動時使用などより多く空気を取り入れたい場合は自身でカッターやハサミ、型ぬきポンチで任意に孔を増やすことが可能。ラミネート加工によりホツレ・ヤブレが生じない。

●販売は同社ホームページのみで受付も、受注開始とともに殺到し一時中断に

「本当に必要な人に1枚でも多くマスクを届けること」を目的とするため、卸売りはなし。個人・法人・老人施設等から同社ホームページで受け付ける。申し込み、入金確認後から正式受付。4月1日(水)~5月15日(金)まで緊急事態対応月間として特別価格で販売する。上記期間内は簡易包装で出荷する。一体型タイプ「ビオラ-1」は1枚1.650円(税抜き)を税込1.000円、二つ折タイプ「ビオラ-2」は1枚2.200円(税抜き)を税込1.500円となる。

 マスクは月産50万枚を目標に、日本は4月1日から。また、アメリカ・シンガポール・台湾を中心に、6月までに販売をスタートさせるとのこと。ただし、4月1日時点で、山本化学工業のホームページには注文が殺到しているとのこと。そのため、「ビオラ」シリーズの販売は一時中断し、増産体制が整い次第再開するという。

 会見の最後に、同社の山本富造社長は、2021年夏に延期が調整されている東京オリンピックの開催に向けて日本の全年齢層の人々とともに『新型コロナウイルス感染撲滅への協力』が一丸となって推進できる体制を進めていく企業決意と協力の要請を訴えた。アスリートのための競泳用水着のみならず、経済産業省・厚生労働省是認、健康増進機器認定メーカーでもある同社ならではの切なる願いでもある。

(写真:ラジオ関西)
マスク販売に関して語る山本化学工業の山本富造社長(写真:ラジオ関西)

山本化学工業株式会社ホームページ
http://www.yamamoto-bio.com/