大阪メトロ「外出自粛、密接なく混まず」2割減便おおむね良好 関西の鉄道各社どうする?

LINEで送る

この記事の写真を見る(7枚)

 大阪メトロは、緊急事態宣言を受けた大阪府の不要不急の外出自粛要請を受け、4月11日と12日の両日、御堂筋線や谷町線、ニュートラムなど7つの路線で土曜・休日ダイヤの約2割を減便した。

御堂筋線・梅田駅も乗降客は激減
御堂筋線・梅田駅も乗降客は激減

 対象路線は、御堂筋線、谷町線、四つ橋線、千日前線、長堀鶴見緑地線、今里筋線とニュートラム。

 近鉄けいはんな線と直通運転する中央線と、阪急線と直通運転する堺筋線は、減便を実施せず通常の土曜・休日ダイヤで運行した。

谷町線・東梅田駅
谷町線・東梅田駅

 新型コロナウイルス感染拡大による影響で、関西の鉄道各社での列車の減便や運休は大阪メトロが初めて。利用客に聞いた。

■御堂筋線・江坂~本町 40代男性

「大動脈ですからね。私は東京から単身赴任してますから東京メトロの混み具合も知ってますし。そりゃ緊急事態宣言が出てからは乗客は激減してますよ。ただ首都圏と比べたら全体的な数がすくないですから、土日でも混乱なくスムーズです。間隔も適度に離れて乗れました」

御堂筋線・梅田駅
御堂筋線・梅田駅 待ち時間は長い…

■谷町線・長堀橋~天神橋筋六丁目 50代女性

「空いてますね。なるべく距離を置いて乗ってます。必要な用事はありますからね。2割減になったとしても気にならないです。平日でも(時短勤務なのか)サラリーマンの方々が早く帰宅しようとしてますから、いつまでも混みっぱなしはないです。メトロは窓を開けている車両もありますから密接な感じはないです。せめて自粛解除のレベルまでにはなってほしいです」

臨時ダイヤ
臨時ダイヤも大きな混乱なく

 大阪メトロは4月18日、19日以降の運転について、こうした状況をみて検討する。

・ ・ ・ ・ ・ ・

 緊急事態宣言発令後、鉄道各社に利用状況を見極める動きが出ているが流動的だ。

減便を知らせる看板
減便告知は前日、4月10日・金曜夕方だった
御堂筋線・心斎橋駅
御堂筋線・心斎橋駅「コロナに負けるな」

 JR西日本は宣言発令後の対応について「公共交通機関の役割を全うしなければならないが、国や自治体から列車を減らすよう要請があれば見直しを検討する」とした。

JR大阪駅も人影まばらに
JR大阪駅も人影まばらに

 大手私鉄では近畿日本鉄道が発令後に利用者の減少が見込まれる場合、減便を含むダイヤの見直しを検討する方針。阪急・阪神・京阪・南海も利用状況を見ながらダイヤを見直すスタンスを取る。

関連記事