交通路から、明智光秀の時代と丹波を語る 『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』第2回

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

 明智光秀ゆかりの地として注目される兵庫丹波の歴史、日本遺産、文化施設、食文化、地域活性に活動される方を多目的に取り上げる『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』(ラジオ関西)。4⽉16⽇の放送回では、交通路をもとに、『光秀の時代と丹波』についてを語ります。「兵庫・神⼾のヒストリアン」として活躍する⽥辺眞⼈・園⽥学園⼥⼦⼤学名誉教授のお話を、ともに番組を担当する久保直⼦さんがまとめました。

番組
田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授と久保直子さん
田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授と久保直子さん

◆『光秀の時代と丹波』

 丹波国は奈良時代に入る前までは11の郡がありました。

 713年に北側の5つの郡が丹後国(都から遠い方)になり、丹波国には6つの郡が残りました。そのうち一番西南にある多紀郡と氷上郡が兵庫県。それ以外の4つの郡、何鹿(いかるが)、天田、船井、桑田は京都府。兵庫県に属しているのは丹波国の西4割です。

「丹波篠山、山家の猿が花のお江戸で芝居する」というデカンショ節を聞くと、山の中で辺ぴなところのように聞こえますが、丹波は重要な交通の要所です。

 太平洋側の海岸沿いの交通路と日本海側の東西の交通路を結ぶのは、山越えの南北道です。

 兵庫県の丹波には「水分れ公園」があります。この水分れ公園から西には加古川の上流である高谷川があります。加古川は太平洋につながっています。北側は黒井川から由良川に流れ込み、若狭湾(日本海)に入ります。

 本州には北から南まで分水の峰がありますが、水分れ公園のところが日本で一番低い分水嶺です。海抜90メートルほどで、神戸ポートタワー(108メートル)より低いので、太平洋から日本海へ荷物を運ぶときにとても楽だったんです。

 車も鉄道もない時代は舟で荷物を運んでいました。現在の丹波市の石生(いそお)を越えさえすれば日本海と太平洋を結ぶことができました。

 その石生から東の方に向山、三尾山、多紀連峰と東西に山並みが走っています。この山並みの南が、丹波篠山市(旧多紀郡)、北西が丹波市(旧氷上郡)です。川沿いに重要路があり、その東側に険しい山があるという立地ですから、篠山側と柏原側、現在の丹波篠山市と丹波市との間には、いろんな形で違いがあります。

 江戸時代の人たちは大阪湾からだと武庫川から三田市を通り、日出坂峠を越えたら現在の丹波篠山市へ入ります。逆にいうと、武庫川を下れば丹波から摂津へ出られるわけです。

 黒井川を下れば若狭湾(日本海側)へ出られ、高谷川から西に行けば加古川で播磨灘へ、さらに京都から現在の国道372号線で丹波へ。京都から丹波の国に入って、亀岡のあたりから西南に行き篠山盆地の南の端を東西に通って、丹波篠山市の今田町の峠を西へ越え、みくさ峠を越えたら加古川の流域、加東市へ出ます。この道は例えば京都から日本海側へ行こうと旅していた人たちが瀬戸内海へ方向転換というときに姫路へ出られるのです。つまり国道372号線というのは京都から山陰へ行きかけ、心変わりしても山陽・播磨へ行くことができるんです。

 実は源義経が京都から出て一の谷へ行くときにここを通るんです。京都から西国へ行く山陽道と山陰道の間を通る道がここなんです。東西が通り、武庫川の谷があり加古川が流れてきて、由良川がある。兵庫県の丹波の地域というのは、東西南北の交通のすごい要衝なんです。

 そしていよいよ戦国の時代になると、第1回放送でお話ししたように、丹波市側には黒井城という山城ができます。

 東西南北の古い交通路が現在では武庫川の谷をさかのぼって摂津から丹波を通って丹後に抜ける国道176号です。これを横切る形で国道372号があるわけです。

 鉄道の時代になると、この線を通って丹波へ入り、山陰の方へ抜ける阪鶴鉄道、現在のJR福知山線がつき、高速道路の時代になると、その線に沿って舞鶴若狭自動車道ができます。この舞鶴若狭自動車道で多紀連峰から三尾山へ行く山の底を丹波篠山市側から丹波市側へトンネルが通ります。このトンネルを抜けた舞鶴若狭自動車道の最初のインターチェンジが春日インターチェンジです。春日インターチェンジから真北へまっすぐ行くと福知山を抜けて、丹後へ抜けますが、ここで枝分かれして西北の遠坂峠を越えると和田山へ。つまり但馬へ抜ける交通路です。この舞鶴若狭自動車道と豊岡道の分岐点の春日インターチェンジの高速道路を降りるときに北側の山を見ると山の上に城跡が見えます。これが黒井城です。

 この黒井城に信長の時代に出てくるのが、赤井直正という丹波の赤鬼と言われた戦国大名です。

 ここから峠を越えた南側の丹波篠山市側では篠山盆地の東南に、高城山、(八上山)があります。山城があり波多野秀治という武将が陣取っていました。

 黒井城の旧氷上郡の赤井直正と八上城の旧多紀郡の波多野秀治とが織田信長の勢力が近畿から山陰を通って毛利を攻撃しようというときにここに陣取っていたわけです。この勢力と信長の命令で山陰を進軍して来た明智光秀とが戦うんです。

 兵庫県側の武将たちがどういう戦いをするのか。これから年末までにお話していきましょう。


『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』2020年4日16日放送回

ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波 | ラジオ関西 | 2020/04/16/木 17:35-17:50

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可