B2西宮の谷口淳 来季へ「準備期間が短い、ペースを上げる」 SNSで人気の#スト飯の裏話も?

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

 プロバスケットボールBリーグ2部(B2)西宮ストークスの選手らは、3月27日にリーグの打ち切りが発表されてから、今もなお自宅待機を続けている。バスケットボールはもちろん、トレーニングすら十分にできないという、アスリートにとっては苦しい状況下でも、会員制交流サイト(SNS)を積極的に活用し、新型コロナウイルスの感染予防などを呼び掛け、時には明るい話題を提供する。そうした活動に積極的な谷口淳選手が、ラジオ関西の電話取材に応じた。

西宮ストークスの谷口淳(Photo by T.MAEDA)
西宮ストークスの谷口淳(Photo by T.MAEDA)

――リーグの打ち切りからおよそ1か月が経ちました。今どんなことを考えながら日々を過ごしているのか、率直な気持ちを聞かせて下さい。

谷口 ああいう形で終わってしまい残念な気持ちはありますが、終わったことは仕方がないので、バスケットに関しては考えないようにしています。今はコロナが広がらないことを願っているだけなので、普段の生活に集中するというか。バスケットからちょっと距離を置いて生活している感じですね。

――確か、ひとり暮らしでしたよね、寂しくないですか?(笑)

谷口 いや、めちゃくちゃ寂しいです、犬が欲しくなって仕方がないです(笑)。

――アスリートがどう自宅で暮らしているのか気になります。どんな一日の流れですか?

谷口 「生活リズムは崩したくないな」と思っていて、なるべく早く寝て、朝はきちんと起きて、ご飯を食べて、ということを心がけています。トレーニングや試合がないので、疲れはないですね。多少筋肉が落ちているかな、というくらいで、体調の変化も特にありません。

――シーズン中よりも、選手同士で連絡を取り合うことは増えましたか?

谷口 シーズン中は直接会って話すので、連絡を取ることはほぼほぼなく、連絡を取るときも「飯いこか」くらいのやりとりです。この時期、特に増えてはいないです。

――いま谷口選手のTwitterで「#スト飯」をつけて手料理を公開されていますが、得意な料理はありますか?

谷口 僕はレシピ本を見てそのまま作るだけなので、得意料理はないですね。僕が考案したものとかはないので、オリジナリティーはないです(笑)。きれいに写真を撮って掲載しているんですが、めちゃくちゃ作るのに時間がかかっています。一度動画を撮ってみたんですが、長くて載せれなかったぐらい……(笑)。

――そんな苦労も見ている人に知って欲しいですね(笑)。自宅待機の以前から自炊はしていたんですか?

谷口 本当に全然しなかったんですよ。作ってカレーぐらいです。

――今後も更新を楽しみにしています。自炊以外で新しく始めたことはありますか?

谷口 家でトレーニングすることもなかったので、まずはトレーニング。自重(自分の体重)を超える負荷がかけられないので、バケツに水を入れておもり代わりにするなど、工夫を楽しんでいます。あとは本を読んだり、少し英語を勉強したり……そんな感じです。

――来シーズンに向けてはどうですか?

谷口 すごく可能性もありながら、不甲斐ないというか、悔しい思いをしてシーズンが終わったので……。毎年言っているんですが、次こそはB1に行けるように、一人ひとりが本気で取り組まないといけないなと思っています。準備期間が短いので、これからペースを上げて頑張ります!

――最後に一言メッセージをお願いします。

谷口 今は何よりも健康第一です、早くコロナが収束することを願っています。これからしっかり準備をして、いいものを見せられるように頑張ります。会場でお会いできるのを楽しみにしていますので、皆さん自宅でバスケ熱をしっかり温めておいてください!

西宮ストークスの谷口淳(Photo by T.MAEDA)
西宮ストークスの谷口淳(Photo by T.MAEDA)

PUSH! | ラジオ関西 | 2020/04/23/木 16:30-17:35

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事