兵庫県豊岡市で目指すこと【下】平田オリザ 国際演劇都市の可能性

LINEで送る

この記事の写真を見る(1枚)

 兵庫県が2021年4月の開校を目指す(仮称)県立国際観光芸術専門職大学。平田オリザ氏はその学長に就任が予定されている。さらに自身が主宰する劇団の小劇場の建設も進む。今、豊岡で何が進みつつあるのか。ラジオ関西『ひょうごラジオカレッジ』で2019年12月に放送された「下り坂をそろそろと下る」と題した講演から平田氏の考えを2回にわたって紹介するシリーズ。第2回は「国際演劇都市」について――。

平田オリザ氏
平田オリザ氏

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 豊岡市は、1市5町が合併してできた大きな市です。城崎温泉が有名ですね。木造3階建の旅館街を守ってきたことで、3月ぐらいになると女子学生が卒業旅行でたくさんやってきます。外国人も増えました。インバウンドは5年で40倍になりました。

 この城崎に古いコンベンションセンターがありました。そこをリニューアルして「城崎国際アートセンター」として世界のアーティストが集う場所を作りました。ほとんど使われていなかった施設が、1年目から年間330日の稼働となりました。世界数十か国から70~80件の申し込みがあり、15団体ほどに使っていただいています。

 ここを使う団体は必ず最後に成果発表をしてもらいます。公開リハーサルや、ワークショップ、学校に出向いて授業をしてくださるアーティストもいます。それによって豊岡の市民や子どもたちは、世界最先端のアートに触れることができる。東京に行かなくても世界の最先端のアートに出会うことができます。

 豊岡は教育政策も大きく転換しようとしています。ふるさと教育、英語教育、コミュニケーション教育を3つの柱として、そのコミュニケーション教育の中に演劇的手法をつかった教育を実施しています。これは2020年以降の大学入試改革への対策であると打ち出しています。豊岡では東京の中高一貫校ほどではないけれど、それに勝るとも劣らないアクティブ・ラーニング化を進めていますよ、ということを売りにしてIターン、Jターンを呼び込もうとしています。

 英語教育では、外国人教員が全ての小中学校に配置されています。ただ、豊岡市は「文部科学省のようなグローバル教育ではない」としています。世界で戦える人材を育てるのではなく、豊岡を国際化するための教育、世界から人々を迎えいれることのできる人材を教育すると公言しています。

 なぜ豊岡市の教育政策がこれほどに変ったのか。これは東井義雄先生の影響が強いと考えています。東井先生は昭和30年代に「村を育てる学力」という概念を提唱されました。あの高度成長期、教員の評価はどれだけ多くの子どもを東京、大阪に出すかだった時代に、こんなことを続けていては、優秀な子どもほど都会に出て行ってしまい、村は廃れてしまう。それよりも、村を育て、村を守っていくような教育に変えていこうと先生はおっしゃいました。

 先生は初任地から最後の校長までを但馬で過ごされ、今も出身地の旧但東町には東井義雄記念館があり、全国から教育者が訪れています。先生は今も但馬で尊敬されており、その理念がやっと花開き始めたのだろうと思います。

 豊岡の文化政策についてもお話しします。豊岡では今小学校2年生が現代演劇を、6年生は狂言を観劇し、4年生を中心に生でクラッシックを鑑賞します。興味をもった子どもたちは、城崎国際アートセンターで無料で演劇やダンスを見ることができます。豊岡駅前にある市民プラザではプロの演出家と夏休みに演劇を作る体験もできます。

 文化政策というのは基本的にすそのを広げて、ステップアップしたい子どもたちが、上にのぼっていける環境をつくるのがいいとされています。豊岡はこれを完成できたかなと思っています。

 そして2021年4月に兵庫県立の国際観光芸術専門職大学が豊岡市に開校予定です。認可が下りれば、日本では初めてダンスと演劇の実技が本格的に学べる公立大学となります。世界の先進国は国立大学に演劇学部があり、国立の演劇学校を持っているのですが、日本だけがなかった。これは演劇界の悲願でもありました。但馬にとっても4年生大学は悲願でした。

 なぜ、観光と芸術なのかとよく聞かれます。諸外国では、文化政策と観光政策を一つの省庁で行っているところが多いのです。日本は文化は文部科学省、観光は国土交通省と、バラバラの政策になっている。これをつなげる人材を育成したい。文化と観光を結び、経済を、地域を発展させる。そういう学生を育てます。

 豊岡は1市5町が合併してできたため、たくさんの文化施設を持っています。市町村合併をした自治体はどこも困っています。そこで豊岡市は機能分担することにしました。

 私はよく病院に例えるのですが、総合病院は、けがや病気を治す一方で健康診断や健康相談もし、新薬の開発や医療技術の開発もします。劇場も同じです。豊岡市では、城崎国際アートセンターでは作品をつくり、市民プラザではワークショップや交流活動。市民文化会館では、大きな作品を鑑賞するという風に機能分化を進めました。片岡愛之助さんが歌舞伎をやってくださる「永楽館」もあります。旧日高町には何もなかったので、そこに小劇場をつくって私たちの劇団が移転することになりました。

 2020年からは、本格的な国際演劇祭も開催することになっています。この国際演劇祭は、多くのアーティストが自主参加する形の演劇祭です。そこに世界中の観客やプロデューサーがくることによって見本市的な性格を持たせます。

 そういった演劇祭が成功した街はアジアではひとつもない。成功の要件は3つ。1つは宿泊施設が整っていること。豊岡は神鍋高原の民宿から城崎の旅館まであらゆる階層の宿があります。そして招待演目ができる劇場がたくさんあること。豊岡にはそれがあります。あとはネットワーク。これは城崎国際アートセンターと私のネットワークがあります。

 多くの企業が賛同してくださり、いよいよ本格実施となります。豊岡は人口8万人程度の小さな町ですが、文化、芸術、そしてコウノトリの野生復帰に象徴される環境保護などに取り組んできた。そこに暮らす価値を高めていこうと挑戦を行っています。

 人口減少対策はきれいごとではすみません。減ることは避けられません。それなら、この急激な減少をどうにか抑えて、暮らしを守り、そこに暮らす人の価値を高めていく。急な下り坂ではなく、ゆっくりとした下り坂を用心ぶかく、でも希望をもって下っていく。それが大事なのではないでしょうか。皆さん、ぜひ但馬においでください。


兵庫県豊岡市で目指すこと【上】平田オリザ 人口減少時代の街づくりとは
https://jocr.jp/raditopi/2020/04/25/49341/

関連記事