食の宝庫・香美町 ふるさと納税に注目 申し込みが昨年の12倍に

LINEで送る

この記事の写真を見る(4枚)

 楽しいはずのゴールデンウィーク(GW)が「がまん(G)ウィーク(W)」になったため、帰省や旅行をあきらめた人は多いだろう。おいしいものを食べに行きたい、絶景を見に行きたい、思いっきりショッピングしたいなど、やりたいことは山ほどある。そんな行動が制限される今、注目してもらいたいのが「ふるさと納税」だ。

 兵庫県香美町では、ふるさと納税の寄付が急増している。今年度の受付が4月に始まったばかりだが、今年の4月は昨年の同月に比べて、なんと12倍を超える申し込みがあった。昨年の今頃は兵庫県民の4割が「香美町を知らない」という認知度の低さだったにも関わらず、これほどまでに関心が持たれるようになるとは、うれしい驚きと同時に納得できる結果といえよう。というのも、香美町は海の幸・山の幸が充実する食の宝庫。それらの特産品が返礼品として送られてくるのだから。

香美町ふるさと納税返礼品カタログ
香美町ふるさと納税返礼品カタログ

 神戸ビーフや松坂牛といった全国のブランド牛の素牛である但馬牛や、県下一の生産高を誇る二十世紀梨、冬の味覚「松葉ガニ」、その他、米、酒、空き家サポート、宿泊助成券、スキューバダイビングのライセンス取得など、今年度は29事業者の返礼品165品を揃えている。

但馬牛
但馬牛

 ふるさと納税は、基本的に一年中申し込み可能だが、香美町へ申し込む場合は春もオススメ。というのも、関西では唯一、香住漁港だけで水揚げされる「紅ズワイガニ(香住ガニ)」の漁期が5月末で終了してしまうからだ。さらに、兵庫県が漁獲量日本一を誇る「ホタルイカ」も今月末で漁期を終えてしまう。返礼品が送られてくるのが申し込みから2~3週間後であることを考えると、時間はあまり残されていない。(※漁獲によっては、返礼品の送付が次のシーズンになる可能性もあるため、詳細は香美町のふるさと納税を要確認)

香住ガニ
香住ガニ
ホタルイカ
ホタルイカ

 家庭で過ごす時間が増えている今、この機会に香美町の「ふるさと納税」の返礼品を食卓に加え、家族水入らずの時間を楽しんでもらいたい。

※ラジオ関西『田辺眞人のまっこと!ラジオ』2020年5月15日放送回「わがまちひょうご」より


香美町 ふるさと納税
https://www.furusato-tax.jp/city/info/28585

LINEで送る

田辺眞人のまっこと!ラジオ | ラジオ関西 | 2020/05/15/金 15:00-16:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事