兵庫県立学校 緊急事態宣言解除なら6月1日再開へ 井戸知事が意向表明

LINEで送る

この記事の写真を見る(1枚)

 兵庫県の井戸敏三知事は、20日、政府による兵庫県への緊急事態宣言が解除された場合は、県立学校を来月(6月)1日から再開する考えを明らかにした。

兵庫県庁

 県立学校では、3月3日から臨時休校が続き、5月18日からは登校可能日を地域ごとに週1日か2日設定している。授業は実施していない。県の教育委員会によると、段階的な再開となる見通しで、時間割や授業の内容はすぐには従来通りとはならない見通し。教室内での「3密」を避け、消毒を徹底するなどの対策をとる。

 井戸知事は、政府が緊急事態宣言を解除した後の県内の感染状況などを踏まえて最終判断する。

関連記事