五輪新種目の「3×3」どう読むの?みどころは? 兵庫のプロチームのオーナーに聞く

LINEで送る

 2020東京五輪より正式採用された新種目競技「3x3」がアツい! 兵庫県を拠点に活動するプロチーム「EPIC.EXE」のオーナー・岸田大佑さんに、競技のルールや魅力について詳しく聞く。

兵庫県を拠点に活動するプロチーム「EPIC.EXE」
兵庫県を拠点に活動するプロチーム「EPIC.EXE」

――『3x3』どう読むのですか?

「スリーエックススリー」と読みます。2019年シーズンまでは「スリーバイスリー」でしたが、2020東京五輪の正式種目に初めて採用されたことにあわせ「スリーエックススリー」に変わりました。

――5人制のバスケットボールとの違いはなんですか?

 まず、コート上でプレーするのは1チーム3人です。コートのサイズは5人制バスケットボールの約半分で、1つのゴールに対して両チームが攻守を交代しながら攻めます。5人制は1回の攻撃で24秒以内にシュートを打たなければなりませんが(24秒ルール)、3x3では12秒。5人制でいう3ポイントシュートは2点、通常の得点2点は1点となり、先に21点を決めたチームが勝利(ノックダウン)です。

――いろいろなルールが半分になるんですね。

 そうなんです。また、5人制はチーム単位で順位を競いますが、3x3はチームの順位とあわせ、個人ポイントによりランキング決まります、五輪などの国際大会へ出場するためには個人ポイントが重要になってきます。

3x3
「3x3」試合のようす(クラブ提供)

――3x3ならではの特徴、魅力や見どころはなんですか?

 12秒以内に必ずシュートが放たれるので、あっという間に攻守が切り替わります。この「攻めと守りの切り替えの速さ」が3x3の魅力といえます。選手たちは短い時間の中で瞬時に判断し、プレーしなければなりません。また、21点で「ノックダウン」となりますので、野球やサッカーのように「守り切って勝利する」というよりは「点数を取って勝利する」スポーツです。接戦のときや勝敗がかかったシュートが打たれたときなどは、ハラハラ、ドキドキと手に汗握る展開を楽しむことができます。

――どんな選手が3x3に向いていますか?

 いろいろな視点があると思いますが、常に攻守交代を繰り返し、体のあたりも激しいスポーツのため、5人制のように、あるポジションに特化してプレーするというわけにはいきません。シュートアタック・ルーズボール・リバンド・デフェンス……すべてにおいてある程度の精度があり、1試合を通してハッスルできる強靭なプレーヤーでなければならないと思っています。

――5人制と比べ、一人ひとりが担う役割が増えるのですね。

 その通りです。攻守の切り替えが早いのでIQの高さが必要とされますね。

――試合会場は多岐にわたると聞きました。

 はい。場所の制約が少なく、試合は神社やショッピングモール、意外なところでは漁港など、様々な場所でゲームが使われます。神戸ですと、神戸ハーバーランド・スペースシアターで試合が行われました。コートや選手との距離が近く、音楽とMCが試合を盛り立てますので、バスケットボールをしたことがない方や全く知らないという人でも、誰もがノリノリで楽しく観戦できるところが魅力です。

選手とファンの距離の近さが3x3の魅力のひとつ(クラブ提供)
選手とファンの距離の近さが3x3の魅力のひとつ(クラブ提供)

※ラジオ関西『PUSH!』2020年5月14日放送回より


「EPIC.EXE」ホームページ
http://hanshin-epic-3x3.jp/

「EPIC.EXE」Twitter(@ExeEpic)
https://twitter.com/exeepic

PUSH! | ラジオ関西 | 2020/05/14/木 15:00-16:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可